個人が行う住宅の液状化対策工事費の助成

更新日:2017年12月8日

 市では、再度の液状化被害を抑制するため、東日本大震災の液状化現象により、一部損壊以上の被害を受けた住宅の敷地において、個人が行う住宅の液状化対策工事費用の一部を助成します。

助成金額

液状化対策工事費用の2分の1以内で50万円を限度

助成の要件

本助成を受けるためには、以下の要件を全て満たしていることが必要となります。

助成対象者

  1. 東日本大震災の液状化現象により、一部損壊以上の被害を受けた住宅の所有者またはその親族の方
  2. 液状化対策工事を施工し新築する住宅の建築主、または、液状化対策工事を施工する既存住宅の所有者またはその親族の方(複数の場合は代表者)
  3. 市税を完納している方

対象工事

建築士の設計に基づいて住宅の基礎より下部に工事施行者が行う液状化対策に係る工事

施工する住宅

  1. 液状化対策工事を施工する住宅の所在は、東日本大震災の液状化現象により一部損壊以上の被害を受けた住宅の敷地であること
  2. 液状化対策工事を施工する住宅は、賃貸借を目的としない一戸建て専用住宅または併用住宅(居宅部分の床面積が全体の2分の1以上に限る)であること
  3. 液状化対策工事を施工する住宅を新たに建築する場合は、延べ床面積が50平方メートル以上(併用住宅の場合は居住部分が50平方メートル以上)であること

申請の時期

助成対象となる液状化対策工事の工前に申請してください。

申請・問い合わせ

申請・問い合わせは、都市整備課へお願いします。

このページの作成担当

建設水道部 都市整備課 住宅・街なみ班

〒287-8501 千葉県香取市佐原ロ2127番地 (市役所3階)
電話:0478-50-1214
ファクス:0478-54-7654

このページの作成担当にメールを送る