ジェネリック医薬品

更新日:2016年2月1日

ジェネリック医薬品とは

ジェネリック医薬品とは、最初に作られた薬(先発医薬品:新薬)の特許が切れた後に販売される、先発医薬品と同じ有効成分を持つ医薬品のことです。

  • 一般的には、先発医薬品より安価です。皆さんの自己負担額の軽減につながります。
  • 効き目や安全性は、先発医薬品とほぼ同等です。
    (薬の形や色などは、先発医薬品と異なることがあります)

ご留意いただきたいこと

  • すべての医薬品にジェネリック医薬品があるわけではありません。
  • 医師の治療方針や医療機関、薬局の在庫により、ジェネリック医薬品をご用意できない場合もあります。
  • 薬代が下がっても、自己負担額が先発医薬品の使用時と変わらない場合もあります。

 ジェネリック医薬品を希望される場合は、医師・薬剤師にご相談ください。

ジェネリック医薬品への疑問に答えます

このページの作成担当

生活経済部 市民課 国民健康保険班

〒287-8501 千葉県香取市佐原ロ2127番地 (市役所1階)
電話:0478-50-1228
ファクス:0478-54-1117

このページの作成担当にメールを送る