#8891(はやくワンストップ)『性暴力をなくそう』

更新日:2021年4月15日

一人で抱える、目をそらす、その前に、知ってほしいこと。

 叩いたり、蹴ったり、からだを傷つけることだけが暴力ではありません。
 イヤだと思っているのに、無理やりされる性的な行為も暴力です。
 性暴力は、年齢、性別に関わらず起きます。また、身近な人や夫婦・恋人の間でも起こります。男性でも被害を受けることがあります
 性暴力は被害者の心を著しく傷つける重大な人権侵害です。時には、PTSD(心的外傷後ストレス障害)の症状を抱えたり、大きな苦しみから生きる希望を持てず、自殺に至ってしまう被害者もいます。この行為は、誰であっても決して許されないことです。

性暴力・性犯罪の例

SNSを利用した性被害(自撮り画像を送らされる、勝手に送りつける、掲載するなど)
痴漢、盗撮、のぞき、ストーカー
セクシャルハラスメント
同意のない性行為(薬やお酒を飲ませて、性行為を強要することも含む)
 注)性行為の相手が13歳未満の場合、同意の有無に関わらず、刑法により罰せられます。
パートナー間で、性行為を強要する、避妊に協力しない、中絶を強要するなど

一人で抱えないでください

被害を受けた方は何も悪くありません。
もし、同意のない性行為の被害にあったら、性感染症や望まない妊娠から自分を守るためにできるだけ早く病院で診察を受けることが大切です。
また、身近な人が悩んでいたら、決して責めたりしないで、話に耳を傾け、専門の相談窓口を紹介してください。

相談窓口

性犯罪・性暴力被害者のためのワンストップ支援センター(内閣府)

 性犯罪、性被害に関する相談について、関係機関と連携し、相談・カウンセリング、産婦人科医療等の支援などを行う公的な支援窓口です。
 ♯8891(はやくワンストップ)月曜~金曜 午前10時~午後4時

性暴力に関するSNS相談「Cure Time(キュアタイム)」(内閣府)


SNS相談 「キュアタイム」QRコード

性暴力被害者支援等を行う団体が、チャットを通じて一緒に考えます。
HP:外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。https://curetime.jp/(外部サイト)
月曜、水曜、金曜、土曜 午後4時から午後9時

性犯罪被害相談電話(警察)

性犯罪・性暴力被害等の相談に応じる警察の窓口です。
#8103(ハートさん) 365日、24時間対応

啓発用リーフレット

性暴力防止ロゴ


性暴力を決して許さない

このページの作成担当

市民協働課 人権・市民相談班

〒287-8501 千葉県香取市佐原ロ2127番地 (市役所2階)
電話:0478-54-1138
ファクス:0478-52-4566

このページの作成担当にメールを送る