メダリストがトレーニングしたスポコミに、事前キャンプ記念の「銘板」を設置

  1. 現在のページ
  2. トップページ
  3. 文化・スポーツ
  4. 東京2020オリンピック・パラリンピック
  5. メダリストがトレーニングしたスポコミに、事前キャンプ記念の「銘板」を設置

更新日:2022年3月8日

東京2020オリンピックで、スロバキアカヌースプリントチームが市内で事前キャンプを実施したことを記念した「銘板」を制作しました。
2つの銘板は、チームがトレーニングに使用した小見川スポーツ・コミュニティセンターに設置しました。
スロバキアはカヌー強豪国であり、今回の東京オリンピックでもカヤックフォアで銅メダルを獲得されました。


スポコミ玄関前に設置された銘板


銘板の一つは靴箱の上に設置

「銘板」お披露目式に、駐日スロバキア大使夫妻をご招待しました。


銘板お披露目式(前列左が大使夫妻)

マリアーン・トマーシク駐日スロバキア共和国大使夫妻をお招きして「銘板」お披露目式を開催しました。大使夫妻はスロバキアのユニフォーム姿でご出席くださいました。
お披露目式では、銘板の除幕のほか、事前キャンプ動画の上映や、地元県立小見川高校の成毛沙弥香教諭による書の披露を行いました。
また、大使夫妻の書道体験では、贈呈した手彫りの印鑑を作品に押印され、書道を楽しまれていらっしゃいました。
なお、事前キャンプでの友好の証とし、毛筆で書かれた「友好の絆」を大使館へ贈呈し、トマーシク駐日スロバキア大使がスロバキア語で「絆」と書かれた作品をスポコミに飾ります。

  • 日時 令和4年3月5日(土曜日)
  • 場所 小見川スポーツ・コミュニティセンター


挨拶をするトマーシク大使


銘板の除幕


カヌーパドルを持ち記念撮影


大使夫妻に書の披露


スロバキア語で「絆」と書く大使


書道体験を楽しまれる大使夫人


作品は、大使館とスポコミの双方に飾られます


国旗を振ってお見送り

このページの作成担当

生涯学習課 スポーツ振興班

〒287-8501 千葉県香取市佐原ロ2127番地 (市役所5階)
電話:0478-50-1221
ファクス:0478-54-5550

このページの作成担当にメールを送る