MultiLingual

小見川祇園祭

更新日:2018年6月1日

小見川祇園祭の写真

 小見川祇園祭は、文献によると寛永16年(1639年)より始められたといわれています。
 この祭は須賀神社の例祭であり、京都八坂神社祗園祭の流れをくむものです。
 神事の神輿の渡御に付随する屋台の引き廻しがこの祭の特徴です。屋台は6台あり、彫物や色彩があでやかで、当時内田氏一万石の城下町であると共に利根川水運の河港として栄えた江戸文化の粋が随所に取り入れられています。二層式の屋台は1階はお囃子、2階は演芸場となり、各屋台とも芸人さんの芸が披露されます。

日程

 平成30年7月20日(金曜日)から7月22日(日曜日)まで

 注釈:例年、7月中旬の金曜日から日曜日までの3日間

  • 初日 午前中 御神輿渡御(須賀神社)
  • 2日目 9時から22時 六町による屋台の引き廻し、大根塚・八日市場の御神輿
  • 3日目 9時から22時 六町による屋台の引き廻し

過去の開催日

平成29年7月21日(金曜日)から23日(日曜日)まで
平成28年7月22日(金曜日)から24日(日曜日)まで
平成27年7月17日(金曜日)から19日(日曜日)まで

会場

小見川駅前市街地(須賀神社周辺 )香取市小見川

交通

電車

JR成田線 小見川駅より徒歩5分

東関東自動車道 佐原香取ICから20分
注釈:無料駐車場有り(小見川支所駐車場)普通車200台ほか

2018「小見川祇園祭」ステージ出演者を募集します

期日

7月21日(土曜日)7月22日(日曜日) 正午から午後6時30分まで(予定)

場所

小見川祇園祭おまつり広場(明治堂駐車場)

対象

市内外の団体(応募者多数の場合抽選)

内容

1団体20分以内で演舞・演奏
注釈:ステージサイズは 幅9メートル、奥行き5.4メートル、高さ0.9メートル

参加費

無料

申込方法

出演要項をご確認して頂き、6月22日(金曜日)(必着)までに出演申込書を郵送、ファックス、または持参
注釈:用紙は商工観光課に設置のほか、下記よりダウンロード

提出先

〒287-8501 千葉県香取市佐原ロ2127番地

小見川にぎわい事業実行委員会(香取市商工観光課内)

電話:0478-50-1212

ファックス:0478-54-2855

メール:kanko@city.katori.lg.jp

黒部川イルミネーション点灯

 地元・小見川の子どもたちの願いが書かれたボンボリを、7月21日(土曜日)から8月19日(日曜日)にかけて黒部川上に灯します。

各町内の屋台と御神輿

屋台


小路町の屋台


南下宿町の屋台


北下宿町の屋台


川端町の屋台


仲町の屋台


本町の屋台

御神輿


大根塚の御神輿


八日市場の御神輿

写真ギャラリー

お問い合わせ

小見川にぎわい事業実行委員会事務局
電話:0478-50-1212

このページの作成担当

生活経済部 商工観光課 観光班

〒287-8501 千葉県香取市佐原ロ2127番地 (市役所3階)
電話:0478-50-1212
ファクス:0478-54-2855

このページの作成担当にメールを送る