【東京2020】パラリンピック採火式にて「香取市の火」を採火しました。

更新日:2021年9月8日

香取市パラリンピック採火式(令和3年8月18日)

パラリンピック採火式の写真

令和3年8月18日、千葉県聖火フェスティバルが行われ、県内全54市町村がそれぞれ独自の方法により採火式を実施しました。
香取市では、地元の障がい者の皆さんがマイギリ式で種火を起こして、「香取市の火」を作成する採火式を開催。当日は、風が強く吹く中での火起こしとなりましたが、無事採火が成功すると会場内は大きな拍手が沸きました。
この「香取市の火」は、同日開催された県の集火式に届け、「千葉県の火」として1つに集火しました。

  • 日時  令和3年8月18日(水曜日)午前9時から午前9時40分
  • 場所  香取市役所駐車場
  • 内容  地元の障がい者の方々が、マイギリ式で種火を起こし採火を実施
  • 観覧  関係者のみ無観客で実施(新型コロナ感染症対策のため)


マイギリでの火おこし


2台のマイギリで火おこしを実施


種火から起こした火は採火台へ点火


2チームの火が採火台へ灯されました


点火棒に火を点火


点火棒を掲げ、場内を一周


ランタンに採火した「香取市の火」


採火式に参加した皆さん

採火式の写真パネル展を開催

採火式の様子を写真パネルでご紹介しております。
ぜひご覧ください。

香取市役所

  • 期間 令和3年8月23日(月曜日)から9月3日(金曜日)(終了しました)
  • 時間 午前8時30分から午後5時15分まで
  • 場所 香取市役所1階情報コーナー


 

小見川社会福祉センター(さくら館)

  • 期間 令和3年9月7日(火曜日)から
  • 時間 午前9時から午後5時まで
  • 場所 小見川社会福祉センター(さくら館) 

パラリンピック聖火リレー千葉県聖火フェスティバル(令和3年8月18日)とは

千葉県の聖火フェスティバルは、県内の全54市町村がそれぞれ独自の方法により「市町村の火」を採火した後に、「千葉県の火」として1つに集火します。
その後、集火した千葉県の火を持って、千葉市で「パラリンピック聖火リレー点火セレモニー」及び「出立式(千葉県の火を東京都に送り出すセレモニー)」が開催しました。
詳しくは下記資料をご覧ください。

千葉県集火式(令和3年8月18日)

「香取市の火」をはじめ、各市町村が採火した火を一つに集めて「千葉県の火」とする集火式が、市原スポレクパーク(市原市)にて実施されました。
集火は、地域ごとに登壇して行われました。


香取地域の集火(写真左が宇井市長)


会場市の市原市から集火がスタート


知事のあいさつ


会場内には全54市町村の点火棒が集合

このページの作成担当

生涯学習課 スポーツ振興班

〒287-8501 千葉県香取市佐原ロ2127番地 (市役所5階)
電話:0478-50-1221
ファクス:0478-54-5550

このページの作成担当にメールを送る