このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
香取市
  • 暮らし 手続き
  • 子育て 教育
  • 健康 福祉
  • 文化 スポーツ
  • 農業 産業
  • 市政
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • サイトマップ
サイトメニューここまで

本文ここから

主任技術者の専任に係る取り扱い

更新日:2016年2月1日

 建設業法第26条及び建設業法施行令第27条の規定により工事現場ごとに専任で置くこととされている主任技術者について、建設業法施行令第27条第2項では「密接な関係のある二以上の建設工事を同一の建設業者が同一の場所又は近接した場所において施工するものについては、同一の専任の主任技術者がこれらの建設工事を管理することができる」と定めています。
 以下の工事にあっては、この規定が適用される場合に該当するものとしましたので、お知らせします。

1.同一の専任の主任技術者が管理できる工事(発注機関は問いません)

A:工作物に一体性若しくは連続性が認められる工事
B:施工にあたり相互に調整を要する工事
AまたはBかつ、工事現場の相互の間隔が直線距離で10.0キロメートル以内

  • 詳細は下記の「主任技術者の専任に係るQ&A」をご覧ください。

2.同一の主任技術者が管理できる工事の数

専任が必要な工事を含む場合は2件まで。
(密接な関係のある2件以上の工事を同一の場所で施工する場合は、この限りではありません。)

3.兼務を希望する場合の手続き

  1. 契約締結までの間に「専任の主任技術者の兼務届出書」を提出(一般競争入札(事後審査型)にあっては、落札候補者になった時点で提出)
    注釈:提出前に、既に主任技術者として配置をしている工事の発注者から内諾を得てください。(「工事打合簿」等、内諾が分かるものを添付)
  2. 届出書の提出の際に、既に配置をしている工事の契約書の写しを提出
  3. 提出後、発注者が確認をした後に、既に配置をしている工事の発注者に対し、兼務届出書の写しを提出
    注釈:兼務する工事が全て市の発注であっても、兼務届出書等はそれぞれの工事に対する関係書類として提出する必要があります。

4.適用の時期

 平成26年1月20日(要領の施行日)から適用としますが、施行の日以後に契約を締結する工事が適用範囲に含まれる場合は、施行の日の前日までに契約を締結した工事についても適用とします。

5.その他

  • この取扱いは、監理技術者には適用されません。
  • 重要構造物の工事や現場の施工管理上、兼務を認めない場合があります。また、既に配置をしている工事の発注者が兼務を認めない場合も、兼務できません。
  • 現場代理人について、香取市が発注する工事で同一の専任の主任技術者が兼務をしている工事間であれば、主任技術者と現場代理人が同一人かを問わず、現場代理人も兼務ができるものとします。(詳細については「現場代理人の兼務に関する取扱いについて」をご覧ください。)
    注釈:現場代理人は、市が発注する工事間でのみ兼務が可能です。

6.要領等

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページの作成担当

総務企画部 財政課 契約検査班
〒287-8501 千葉県香取市佐原ロ2127番地 (市役所4階)
電話:0478-50-1207 ファクス:0478-52-4566

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

香取市役所

市役所・支所のご案内

〒287-8501 千葉県香取市佐原ロ2127番地 電話:0478-54-1111(代表)
開庁時間:月曜~金曜 午前8時30分~午後5時15分(祝日・年末年始を除く)
Copyright (C) Katori City. All Rights Reserved.
フッターここまでページの先頭へ