小規模事業者持続化補助金(コロナ特別対応型)の証明書の発行

更新日:2020年8月5日

小規模事業者持続化補助金(コロナ特別対応型)について

 国では、小規模事業者が新型コロナウイルス感染症の影響を乗り越えるために行う販路開拓等の取組みの経費の一部を補助する支援を開始しました。
 香取市では、補助金の概算払い時に必要な「新型コロナウイルス感染症の影響による売上減少の証明」の発行を行っております。

 上記申請書をダウンロード後、必要事項を記入のうえ、必要書類(令和2年2月以降の任意の1箇月及び前年同月の売上がわかる帳簿等)を添付して、香取市役所商工観光課まで提出してください。

基本情報

対象:小規模事業者等
補助上限:原則100万円
補助率:対象経費の3分の2
注釈:詳細は中小機構ホームページ等より確認してください。

想定される活用例

・新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受ける中でも、営業を継続するため、店内飲食のみであった洋食屋が、出前注文を受け付けるためのウェブサイトを作成し、来店しない顧客への販売を開始。
・旅館が、自動受付機を導入し、非対面型のサービスを提供する。

公募スケジュール

第1回申請締切:5月15日(金曜日)必着
第2回申請締切:6月5日(金曜日)必着
第3回申請締切:8月7日(金曜日)必着
第4回申請締切:10月2日(金曜日)必着

特別枠(コロナ特別対応型)の申請要件

補助対象経費の6分の1以上が、下記A・B・Cのいずれかの要件に合致する投資であること。
A:サプライチェーンの毀損への対応
顧客への製品供給を継続するために必要な設備投資や製品開発を行うこと。
(例:部品調達困難による部品内製化、出荷先営業停止に伴う新規顧客開拓)
B:非対面型ビジネスモデルへの転換
 非対面・遠隔でサービス提供するためのビジネスモデルへ転換するための設備・システム投資を行うこと。
(例:店舗販売からEC販売へのシフト、VR・オンラインによるサービス提供)
C:テレワーク環境の整備
 従業員がテレワークを実践できるような環境を整備すること。
(例:WEB会議システム、PC等を含むシンクライアントシステムの導入)

制度の詳細及びお問い合わせ先

このページの作成担当

生活経済部 商工観光課 商工企業誘致班

〒287-8501 千葉県香取市佐原ロ2127番地 (市役所3階)
電話:0478-50-1212
ファクス:0478-54-2855

このページの作成担当にメールを送る