香取市移住の先輩ブログ

移住者の声

杉本夫妻の場合

夫妻と愛犬の写真

  1. 杉本 弘道(ひろみち)、慶子(けいこ)
  2. 香取市九美上地区
  3. 平成23年移住
  4. 都会での会社員生活ですれ違いが多く、二人の時間がほとんどとれなかったことから、夫婦で一緒に働ける農家として暮らしていくことを決意し、自然と伝統・文化の豊かな香取市に移住しました。現在、農園では、ブルーベリー約1000本、ブラックベリー、ボイセンベリー、ラズベリーなどのベリー類、千葉県の名産である落花生、また季節の野菜や山菜を栽培しています。そして、ベリーの受粉に欠かせないミツバチからはハチミツを分けてもらっています。夏にはお客さんの笑顔が嬉しいブルーベリーの摘み取り園も開園しています。農園の周りは豊かな里山が広がり、ヤマザクラなどの蜜源が豊富です。そして夜になるとその里山からフクロウやノウサギ達が遊びに来てくれる、自然あふれる農園です。

齊藤さん一家の場合

人物の写真

  1. 齊藤 公章 (さいとう まさあき)
  2. 香取市田部地区
  3. 平成22年移住
  4. 東京の浅草でサツマイモを使ったお菓子のお店をやっています。美味しいお菓子を作るには、美味しいサツマイモが必要だと探し回っているうちに香取市にたどり着きました。何度も通っているうちに美味しいサツマイモと豊かな自然、そしてそこに住む穏やかな人達に魅力を感じるようになりました。気が付けば工場を移転し家族を呼び寄せ移住していました。現在は美味しいサツマイモを自分で作ってみたいと新規就農を目指し準備をしています。