香取海匝地域の4市3町の首長が要望書を県知事に提出

更新日:2020年7月31日

香取海匝地域の4市3町が共同で新型コロナウイルス感染症対策に関する要望書を県知事に提出

香取海匝地域の4市3町が要望書を県知事に提出
4市3町の首長が要望書を県知事に提出

要望内容について知事に説明する宇井市長
県庁で要望内容について説明する宇井市長

令和2年7月30日(木曜日)、香取海匝地域の4市3町(銚子市、旭市、匝瑳市、香取市、神崎町、多古町、東庄町)共同で新型コロナウイルス感染症対策に関する要望書を千葉県知事に提出しました。

要望内容

  1. 新型コロナウイルス感染症の第2波、第3波に備え、香取・海匝地区における地域外来・検査センターを早期に設置し、PCR検査体制の強化を図ること。
  2. 軽症者や無症状病原体保有者向け宿泊療養施設については、二次保健医療圏や保健所の管轄区域ごとに設けるなど、感染者の多寡に加え、県内地域のバランスを考慮したうえで施設の確保に努めること。
  3. 新型コロナウイルス感染症の影響により医療機関の収益が悪化している中、地域医療体制の維持のために、減収分の補填策を講ずること。
  4. 市町内におけるすべての感染者本人や濃厚接触者等の情報について、市町が迅速に感染拡大防止に対処するため、連絡及び共有を図ること。
  5. 新型コロナウイルス無症状病原体保有者の場合、感染を周囲に拡大させるおそれがあり、個人事業主(特に飲食店経営者等)は、事業を継続する上で常に不安を抱えている。家屋・店舗の消毒や換気設備の整備など感染拡大防止に必要な施設改修整備を支援する制度を県補助事業に取り入れること。
  6. 「GIGAスクール構想の実現」による学校ICT環境の整備においては、オンライン学習などの実現に向け、学校と家庭と双方での環境整備が不可欠である。その運用と更新に係る経費について財政支援の充実を図るとともに、積極的かつ有効的な活用のためICT支援員を学校ごとに1名配置すること。

このページの作成担当

秘書広報課 秘書班

〒287-8501 千葉県香取市佐原ロ2127番地 (市役所4階)
電話:0478-50-1203
ファクス:0478-52-4566

このページの作成担当にメールを送る