このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
香取市
  • 暮らし 手続き
  • 子育て 教育
  • 健康 福祉
  • 文化 スポーツ
  • 農業 産業
  • 市政
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • サイトマップ
サイトメニューここまで

本文ここから

カトリノ郷物語vol.2 ザ・キング(イチジク) 

更新日:2016年11月28日

「皮ごと丸かじりがいい」 “ザ・キング”登場

イチジクの写真

増田 信司さん(扇島)

平成19年、イチジク栽培の先達、佐藤さん(中洲)宅で“ザ・キング”と出会う。
緑色なのに皮ごと食べられて、しかもそれがおいしいことに感動。自分でも作ってみたいと強く思い、稲作と建設の仕事をやめてイチジク専業に転身した。

まだ見ぬ美味しさを語り明かす

 まだ熟れていないように見えて、実は完熟している、そんなイチジクがある。教えてくれたのは農家の増田さん。
 「“ザ・キング”という夏果の品種で、店頭に並んでいる、あの緑色が食べごろ。見慣れないだろうから、スーパーでPRを兼ねた試食をやってもらったら、緑色のみかんと間違われたみたい(笑)。一口食べると見た目のイメージとかけ離れた甘さに皆さん驚く。あと、やっぱり珍しがられるね。果肉が赤いので皮とのコントラストが鮮やかだって」
 だが緑色のイチジクは、毎年安定して収穫するのがとても難しい、デリケートな品種だと話す。
 「あまり出回らず、知ってる人も少ないんじゃないかな」
 確かに、“ドーフィン” “蓬莱柿(ほうらいし)”など有名どころの秋果の品種(収穫8月上旬から10月下旬)と比べ、“ザ・キング”は知名度で及ばない。夏果で収穫が7月上旬から下旬と短いため、目に触れる機会が少なく、イチジクとしては小ぶりで量も取れない。かといって単価が高いわけでもない。秋果のイチジクも手がけている多忙の増田さんが、なぜ、ひときわ手間のかかる“ザ・キング”にこだわるのか?
 「皮が甘くておいしいんだよ。果実の、つぶつぶの食感もいい。あれは丸ごと食べるからこそだね」
 言われてみれば、イチジクは皮をむいたら果肉がごっそり取れてしまう。よくある“皮も”食べられるのではなく、“皮が”おいしいとは、“ザ・キング”ならでは。すっきりした味わいも魅力の、この逸品を広めたくて採算度外視で取り組んでいると聞けば、店頭に並ぶ日を心待ちにしているファンがいるのもうなづける。

 香取市独自のイチジクブランド確立を目指す、「いちじく研究会(平成21年結成)」の現会長でもある増田さんは、同会のメンバーと研究に余念がない。“ザ・キング”にしても、先達の佐藤さん(中洲)から結果枝(けっかし)を分けてもらい、挿し木で増やし、視察にも出かけた。
 「佐藤さんと県の農業事務所の人と、島根まで行ってね。もっと多くの人にキングを作ってもらえるよう、安定した収穫が見込める栽培方法を模索しているけど、いや難しい。イチジクは寒さに弱く、気温差や、ちょっとした作業のタイミングの違いで実をつけないんだから」
 研究会でも主流は“ドーフィン”であり、“ザ・キング”の普及は容易でない。遠い目で語る体験談から、並々ならない苦労が伺える。
 それでも、増田さんは「これからだ」と言う。

 今は、加工品開発にも着手している。もぎたてが一番なのは言うまでもないが、長く楽しめるのはうれしい。秋果のイチジクジャムやスムージーのほか、シャーベット風に丸ごと凍らせても美味。増田さんたちの、研究会を挙げての市場拡大へ向けた挑戦は続いていく。

ザ・キングと秋果のイチジク

道の駅水の郷さわら、道の駅くりもと、直売所で購入できます。摘み取りは秋果の完熟イチジクのみ、8月から9月までで要予約。
増田農園
電話:090-3202-4347

▼秋果の「いちじくスムージー」(佐原駅前の水郷佐原観光協会で)

取材のその後

平成27年の夏は、“キング”の収穫はごくわずかだったそうです。それだけ繊細で栽培が難しい品種だということ。次の季節に期待が高まります。写真は、本来の収穫期の“キング”。化粧箱に納められ贈答品としても喜ばれそう。

このページの作成担当

総務企画部 秘書広報課 広報広聴班
〒287-8501 千葉県香取市佐原ロ2127番地 (市役所4階)
電話:0478-50-1204 ファクス:0478-54-7140

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

「カトリノ郷物語」ぷらす

安心安全情報

観光サイト 香取を旅する

香取の魅力

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

香取市役所

市役所・支所のご案内

〒287-8501 千葉県香取市佐原ロ2127番地 電話:0478-54-1111(代表)
開庁時間:月曜~金曜 午前8時30分~午後5時15分(祝日・年末年始を除く)
Copyright (C) Katori City. All Rights Reserved.
フッターここまでページの先頭へ