このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
香取市
  • 暮らし 手続き
  • 子育て 教育
  • 健康 福祉
  • 文化 スポーツ
  • 農業 産業
  • 市政
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • サイトマップ
サイトメニューここまで

本文ここから

野菜を食べよう

更新日:2022年3月17日

なぜ野菜が必要なの?

野菜にはビタミンやミネラル、食物繊維など体の調子を整える栄養素がたくさん含まれており、生活習慣病を予防する効果があります。

野菜には食後の血糖値上昇を抑制し、便通を整える働きがあります。ビタミンは病気にかかりにくい体を作ります。カリウムは高血圧を予防します。鉄は貧血を予防します。
 

野菜に含まれる栄養素は、体の中にためておくことができないものが多いため、毎日、様々な種類の野菜を、適切な量食べることが必要です。

1日にどれくらい食べたら良いの?

1日に必要な野菜の量は、350グラムです。
片手の手のひらにのる量が、おおよそ120グラムになりますので、1日に手のひら3つ分を食べると必要な量が摂れます。
きのこ類や海藻類も取り入れましょう。

生で食べるより、加熱するとかさが減って食べやすくなります。

忙しい時の野菜料理は?

電子レンジを活用しましょう。
冷凍野菜やカット野菜も上手に利用しましょう。
コンビニや外食で食事を選ぶ時は、野菜料理を1品プラスしましょう。
通勤通学で、特に朝は忙しいですよね。朝食抜きになっていませんか。野菜とフルーツ、ヨーグルト等でスムージーを作るのもおすすめです。
野菜の補助的なものとして、100%野菜ジュースや無塩のトマトジュースを利用するのもよいでしょう。

冷凍野菜やカット野菜、コンビニのサラダ等を利用して、野菜をプラスします。例として、冷凍野菜をレンジで温めて朝食に加える、インスタントラーメンにカット野菜を加えるなど。
 

20歳代から30歳代の方は、野菜が不足する傾向があります。
野菜は1日に350グラム必要です。
手のひらにのせた野菜を3つ分食べると必要な量を摂ることができます。
そのためには、冷凍野菜やカット野菜を加えたり、コンビニを利用した時は、野菜料理を1品プラスすると良いでしょう。
1日3食、主食、主菜、副菜をそろえ、バランスの良い食事を心がけましょう。

レシピ

野菜を使ったレシピもありますので、参考にしてください。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページの作成担当

健康づくり課 健康づくり班
〒287-8501 千葉県香取市佐原ロ2127番地 (佐原保健センター1階)
電話:0478-50-1235 ファクス:0478-54-7462

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

香取市役所

市役所・支所のご案内

〒287-8501 千葉県香取市佐原ロ2127番地 電話:0478-54-1111(代表)
開庁時間:月曜~金曜 午前8時30分~午後5時15分(祝日・年末年始を除く)
Copyright (C) Katori City. All Rights Reserved.
フッターここまでページの先頭へ