このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
香取市
  • 暮らし 手続き
  • 子育て 教育
  • 健康 福祉
  • 文化 スポーツ
  • 農業 産業
  • 市政
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • サイトマップ
サイトメニューここまで

本文ここから

青年就農給付金

更新日:2016年2月1日

平成24年度から、国の新たな施策として青年就農者(原則就農時45歳未満)に対して、給付金(年間150万円)を支給する事業(新規就農総合支援事業)が始まりました。本給付金は2種類あり、それぞれの窓口は下記のとおりです。

準備型:香取農業事務所企画振興課(電話:0478-52-9192)
経営開始型:香取市農政課(電話:0478-50-1258)

⇒『新規就農総合支援事業』についての詳細は外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。農林水産省HP(外部サイト)

目的

農業従事者の高齢化が急速に進む中、持続可能な力強い農業を実現するには、青年の新規就農者を大幅に増加させる必要があります。
新規就農するにあたっては、技術の習得や所得の確保等が課題となっていることから、就農前後の青年新規就農者に対する給付金を給付し、青年の新規就農者を大幅に増加させることを目的とします。

補助の種類 補助の内容 給付金額及び給付期間 窓口
準備型  就農に向けて、道府県の農業大学校等の農業経営者育成教育機関、先進農家又は先進農業法人(以下「研修機関等」という。)において研修を受ける者に対して給付金を給付する。 150万円を最長2年間

香取農業事務所
注釈:市は窓口ではありません。

経営開始型  経営開始直後の新規就農者に対して給付金を給付する。 150万円を最長5年間(夫婦での経営は1.5倍の225万円を最長5年間) 香取市農政課

給付対象者(経営開始型)

≪給付者の主な要件≫

  1. 独立・自営就農時の年齢が原則45歳未満の新規就農者であり、農業経営者になることについて強い意欲を有していること。また、認定新規就農者であること。
  2. 独立・自営就農であること
    自ら作成した経営開始計画に即して主体的に農業経営を行うこと。以下の条件を満たすこと。
    (1)本人名義で農地の所有権または利用権を有していること。
    (農地が親族からの賃借が過半である場合は、5年間の給付期間中に所有権を移転すること)
    (2)本人名義で農業機械・施設を所有または借りていること。
    (3)本人名義で、生産物や生産資材等の出荷・取引をしていて、通帳・帳簿で農産物等の売り上げ、経費支出等の経営収支を管理していること。
    (4)本人が農業経営の主宰権を持っていること。
    注釈:親元に就農する場合であっても、上記の要件を満たせば、親の経営から独立した経営を行う部門経営を行う場合や、親の経営に従事して5年以内に継承する場合はその時点から対象となります。
  3. 農業経営開始後5年後までに農業(自ら生産に係る農産物を使った関連事業を含む)で生計が成り立つ実現可能な計画であること。
  4. 市の作成する、人・農地プランに中心となる経営体として位置づけられるまたは位置づけられることが確実と見込まれること。
  5. 生活保護等、生活費を支給する国の他の事業給付を受けていないこと。
  6. 原則として、青年新規就農者ネットワーク(一農ネット)に加入すること。

個々により就農状況や経営状況が異なるため、詳細は面談による判断となります。

補助内容

補助の種類 補助の内容 給付金額及び給付期間 窓口
準備型 就農に向けて、道府県の農業大学校等の農業経営者育成教育機関、先進農家又は先進農業法人(以下「研修機関等」という。)において研修を受ける者に対して給付金を給付する。 150万円を最長2年間 香取農業事務所 注釈:市は窓口ではありません。
経営開始型 経営開始直後の新規就農者に対して給付金を給付する。

150万円を最長5年間(ただし、平成23年度以前に経営を開始した者にあたっては、経営開始後5年度目分までとする。) (夫婦での経営は1.5倍の225万円)

香取市役所農政課

申請に必要な書類

給付を受けようとする方は、下記に定める書類の提出をしてください。

  • 経営開始計画※認定就農者の場合、就農計画認定申請書等の写しの提出により、省略できる部分があります。
    ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。経営開始計画(ワード:42KB)
    ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。経営開始計画 記入例(PDF:1,168KB)
  • 経営を開始した時期を証明する書類(農地等の経営資産の取得時期がわかる書類等)
  • 経営を継承する場合は、従事していた期間が5年以内であることを証明する書類(過去の経歴を証明する書類)
  • 農業経営を既に開始している方は、前年の所得証明
  • 農地及び主要な農業機械・施設の一覧及び契約書等の写し
  • 通帳の写し
  • 農業経営を既に開始している方は、前年の所得証明
  • 納税証明書

その他、個々のケースにより必要となる書類もありますので、下記までお問い合わせください。

お問い合わせ

農政課生産振興班

電話:0478-50-1258
ファクス: 0478-54-2855

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Reader (新規ウインドウで開きます。)Adobe Readerのダウンロードへ

このページの作成担当

生活経済部 農政課 生産振興班
〒287-8501 千葉県香取市佐原ロ2127番地 (市役所3階)
電話:0478-50-1258 ファクス:0478-54-2855

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

農林水産業の資金援助

このページを見ている人はこんなページも見ています

安心安全情報

観光サイト 香取を旅する

香取の魅力

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

香取市役所

市役所・支所のご案内

〒287-8501 千葉県香取市佐原ロ2127番地 電話:0478-54-1111(代表)
開庁時間:月曜~金曜 午前8時30分~午後5時15分(祝日・年末年始を除く)
Copyright (C) Katori City. All Rights Reserved.
フッターここまでページの先頭へ