このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
香取市
  • 暮らし 手続き
  • 子育て 教育
  • 健康 福祉
  • 文化 スポーツ
  • 農業 産業
  • 市政
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • サイトマップ
サイトメニューここまで

本文ここから

カトリノ郷物語vol.19 ベニコマチ

更新日:2016年11月15日

気難しい女王様 ベニコマチ

広報かとり平成28(2016)年11月号に掲載された情報です

ベニコマチの写真

平川智章(としあき)さん(岩部)

5代続くサツマイモ農家を受け継ぐ。“ベニアズマ”と“べにはるか”のほか、栗源の特産品“ベニコマチ”の栽培を再開させる。今春、農協のベニコマチ部会の部会長に立候補し、若手農家と協力しながらベニコマチの存続と知名度アップに奔走する。

まだ見ぬ美味しさを語り明かす

「ベニコマチの注文に、すぐに対応できるよう貯蔵庫を建てたんです」
と言いながら芋掘り機を動かすと、ベニコマチの(うね)から弾むように鮮やかな芋が姿を現す。すかさず数人がかりでつるを切り、コンテナをいっぱいにした芋が貯蔵庫へ運ばれていく。

 平川さんは今から8年前、結婚を機に就農した。いずれ農業をやるなら早い方がいいだろうと思ったという。就農してベニアズマやショウガ、ニンジンなどを作っていたが、ある時、道の駅で売られていたベニコマチが高値で取り引きされているのが目についた。
「希少さ故に値段が高いことに気づきました。改めてベニコマチを味わうと、繊維がきめ細かくて筋っぽくないから、なめらかで上品な味なんです。早速、約1000平方メートルから栽培に取り組みましたが、始めは出来が悪て。作るのが本当に難しいので、家では“気難しい女王様”って呼んでますよ」
 サツマイモの女王と呼ばれるベニコマチは、芋が曲がり、細長くなりやすいだけでなく、地中の芋がなくなってしまうという「つる割れ病」にもかかりやすい。栗源地域のサツマイモ生産量のうち、ベニコマチはわずか3%ほどしかなく、いかに希少な芋かが伺える。かつて平川家でも一度は断念したベニコマチ栽培に、若い智章さんが就農以来挑み続けている。

 以前から「ベニコマチの里」として知られる栗源は開墾地が多く、やせた土地でも育つサツマイモの栽培が盛んに行われてきたという。昭和43年に県の農業改良普及所から新品種ベニコマチが栗源に持ち込まれ試験栽培が始まり、食感と味の良さから徐々に栽培農家が増えたのだ。しかし、昭和53年頃、病気に強く、収量が安定したベニアズマが登場すると、ベニコマチの生産量は極端に減ってしまう。それでも、サツマイモとしての評価は高かったため、町でも品種改良や栽培技術の向上を図ってベニコマチを守り、昭和61年にはベニコマチの焼き芋を目玉にした「ふるさといも祭」がスタートした。

 しかし、ここに来て実質的にベニコマチを守ってきた農協ベニコマチ部会の部会長が1年近く不在となった。栗源を代表する作物だけに皆で気をもみ、平川さん自身ももどかしさを感じていた。そこで今年4月、農協の会議で部会長に名乗りを上げた。
「栗源で守られてきた品種です。途絶えないように、そしてもっと知名度を上げていければと思っています。私自身、有機肥料を与え、質の良い種芋を選ぶなどし、作るからには、どこよりもいい芋を作りたいし、作っているという自負もあります」

 今年の栗源のふるさといも祭でも、「日本一の焼きいも広場」で約4トンのベニコマチが振る舞われる。少ない生産量の中での大盤振る舞いから生産者の気概が伝わってくるだけに、ホクホクなサツマイモがさらに愛いとおしく感じられそうだ。

ベニコマチ

道の駅くりもとで購入できます。栗源のふるさといも祭では、すくもで焼き上げた焼き芋が振る舞われます。

このページの作成担当

総務企画部 秘書広報課 広報広聴班
〒287-8501 千葉県香取市佐原ロ2127番地 (市役所4階)
電話:0478-50-1204 ファクス:0478-54-7140

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

「カトリノ郷物語」ぷらす

安心安全情報

観光サイト 香取を旅する

香取の魅力

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

香取市役所

市役所・支所のご案内

〒287-8501 千葉県香取市佐原ロ2127番地 電話:0478-54-1111(代表)
開庁時間:月曜~金曜 午前8時30分~午後5時15分(祝日・年末年始を除く)
Copyright (C) Katori City. All Rights Reserved.
フッターここまでページの先頭へ