このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
香取市
  • 暮らし 手続き
  • 子育て 教育
  • 健康 福祉
  • 文化 スポーツ
  • 農業 産業
  • 市政
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • サイトマップ
サイトメニューここまで

本文ここから

カトリノ郷物語vol.44 焼き芋 甘熟べにはるか

更新日:2019年1月1日

ミニサイズに濃厚な甘み

広報かとり平成31(2019)年1月号に掲載された情報です

焼き芋 甘熟べにはるか

株式会社さつまいもの石田農園
石田 (ゆう)(だい)さん(荒北)
 300年以上続くサツマイモ農家の8代目。プロデュース第1号となる甘熟べにはるかは、ちば香取すぐれものコンテストで最優秀賞を受賞。

 「サイズが大きいと、残したらどうしようって買うのをためらうことってありますよね。焼き芋“甘熟べにはるか”は、ちょっと食べるのにちょうど良いサイズなので、女性やお年寄りに好評なんです」
 そう語る石田さんは、自身を芋プロデューサーと称する。就農前の3年間、都内の商品PRのコンサルティング会社に勤め販売戦略に精通。栗源地区の冬場の日中と夜間の寒暖差が大きいことに注目し、芋にストレスを与えることで甘みを増す独自の貯蔵方法を生み出した。包装袋は、和紙のような素材を使うことで、甘熟した芋からにじみ出る蜜が袋に染み出し、食欲がそそられる。また、食べ切れなければ封をすることもできるジッパー付き。外出の際、バッグに入れて持ち歩ける手軽さも売りの一つだ。数年にわたり、サツマイモ料理研究家と共同で構想を練った焼き芋がついに実現した。
 「最近、サツマイモがメディアに取り上げられることが多く、私は“芋バブル”って呼んでいます」
 注目されている今をチャンスと捉え、新商品を積極的に発売していくという。若きプロデューサーの今後に期待が高まる。

焼き芋 甘熟べにはるか

道の駅くりもと、道の駅水の郷さわらほか、インターネットでも購入できます。シルクスイートの焼き芋やグミいも(干し芋)も販売。


サイズ、形による選別作業


左から「甘熟シルクスイート」「甘熟べにはるか」「グミいも」

このページの作成担当

総務企画部 秘書広報課 広報広聴班
〒287-8501 千葉県香取市佐原ロ2127番地 (市役所4階)
電話:0478-50-1204 ファクス:0478-54-7140

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

「カトリノ郷物語」ぷらす

このページを見ている人はこんなページも見ています

安心安全情報

観光サイト 香取を旅する

香取の魅力

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

香取市役所

市役所・支所のご案内

〒287-8501 千葉県香取市佐原ロ2127番地 電話:0478-54-1111(代表)
開庁時間:月曜~金曜 午前8時30分~午後5時15分(祝日・年末年始を除く)
Copyright (C) Katori City. All Rights Reserved.
フッターここまでページの先頭へ