このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
香取市
  • 暮らし 手続き
  • 子育て 教育
  • 健康 福祉
  • 文化 スポーツ
  • 農業 産業
  • 市政
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • サイトマップ
サイトメニューここまで

本文ここから

カトリノ郷物語vol.41 スイートポテト

更新日:2018年10月1日

素材の味を100%生かす

広報かとり平成30(2018)年10月号に掲載された情報です

スイートポテト

1Kスイートポテト
松本友里さん
千葉市のケーキ店でパティシエとして4年間勤務し、現在は社会福祉法人福祉楽団コンセプトストア・ロケーション開発部製造・販売課長兼1Kスイートポテト店長。なお、店名の1Kは香取・栗源で1番という意味。

道の駅くりもとを成田方面に進むと、赤い屋根が特徴的なレストラン「恋する豚研究所」が見えてくる。敷地内に入るとサツマイモ畑があり、その中にポツンと一つ小さな2階建ての店舗。今年4月にオープンしたスイートポテト専門店の「1Kスイートポテト」だ。地元産のベニコマチとベニアズマの2種類をそろえ、食べ比べをするお客さんも多い。「お勧めは、栗源地域にほぼ生産が限定され、希少性の高いベニコマチです」と店長の松本さん。
「自然の甘さを味わってほしいので、和三盆という砂糖を使用し、上品で優しい甘さに仕上げています。材料を最小限にとどめることで、素材の違いを感じることができます」
せいろで蒸かしたサツマイモを4回こすことで繊維の残らないなめらかな口当たりになる。重さは1個170グラムと食べごたえも十分。底にカラメルとイモの皮を混ぜ合わせた生地を使い、香ばしさをアクセントとして加えている。
「今はシルクスイートやベニハルカを使ったスイートポテトを開発中です。月替わりでスイートポテトとは別のサツマイモのスイーツも販売していきたいです」
地元産にこだわるスイーツづくりの夢は膨らむ。

スイートポテト

ドリンクメニューにはベニハルカを使用した「いもラテ」を販売。店舗2階は飲食ができる開放的なフリースペース。

このページの作成担当

総務企画部 秘書広報課 広報広聴班
〒287-8501 千葉県香取市佐原ロ2127番地 (市役所4階)
電話:0478-50-1204 ファクス:0478-54-7140

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

「カトリノ郷物語」ぷらす

このページを見ている人はこんなページも見ています

安心安全情報

観光サイト 香取を旅する

香取の魅力

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

香取市役所

市役所・支所のご案内

〒287-8501 千葉県香取市佐原ロ2127番地 電話:0478-54-1111(代表)
開庁時間:月曜~金曜 午前8時30分~午後5時15分(祝日・年末年始を除く)
Copyright (C) Katori City. All Rights Reserved.
フッターここまでページの先頭へ