このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
香取市
  • 暮らし 手続き
  • 子育て 教育
  • 健康 福祉
  • 文化 スポーツ
  • 農業 産業
  • 市政
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • サイトマップ
サイトメニューここまで

本文ここから

所信表明(平成18年6月市議会定例会)

更新日:2016年2月1日

 (平成18年6月市議会定例会より)

 去る3月27日に香取市が誕生いたしまして、今、まさに新しいまちづくりのスタートラインにたったわけでありますが、社会情勢は国・地方とも大きな変革の流れの中にあります。
 わが国の経済情勢は、景気回復の予兆から上向きになったとは言え、地方経済はまだ厳しく、雇用の確保など困難な状況にあります。
 このような中、21世紀は「地方分権の時代」・「地域間競争の時代」と言われ、各自治体におきましては、自己決定・自己責任のもとに、今以上に行政基盤の強化が求められております。
 今後の自治行政は、受身的な姿勢だけでなく、積極的かつ自立的な地域づくりの主体としての役割が一層求められております。
 本市といたしましては、価値観の変貌の中で「地域の存在感と個性」・「郷土愛の醸成」・「地域の自立」といった課題など、それぞれの地域特性や市民の意思に基づく新しいビジョンを持ち、市政を運営してまいる所存であります。
 市政を運営するにあたりましては、3つの柱を基本に取り組んで参りたいと考えております。

 まず、1点目は「市民参加型のわかりやすい市政」の推進であります。
 市民の皆様には合併直後で、総じて合併後のまちづくりへの不安感をお持ちでありますので、その不安を取り除く必要があります。このために、まず、市民の立場から「わかりやすく」そして「公平で公正な行政運営」に心がけて参ります。
 香取市の「新市建設計画」では、その基本理念として「協働・自立のまち」を掲げており、住民と行政が心を合わせ、共に築く協働のまちづくりと、自立した住民自治のまちづくりを進めることとされております。そのためには、タウンミーティングの開催など、市民への積極的な情報提供により、行政情報の共有化に努め、様々な機会を通じて市民参加を促進し、市民主役のわかりやすいまちづくりの推進に努めて参ります。

 2点目は「早期の一体性の醸成」であります。
 合併の主たる目的は、地方自治体の財政基盤の強化を図り、住民の福祉や生活をより向上させるまちづくりを進めることであります。
 合併後の懸案事項に取り込む一方、新市建設計画に基づく各種施策や事業を実施して参りますが、とりわけ「安心して暮らせる、住みよいまちづくり」の創造と地域の特色を活かしながら、市民の皆様が「このまちに住んでよかった」と実感できるまちづくりを実現したいと考えております。このためには、香取市としての一体感を日々の生活の中で醸成していくことが、今後のまちづくりの大きな力になります。合併協議に関係した議会や行政と市民とでは、合併に対する意識にも相違があると考えておりますので、今後、イベントの開催や行事などへの参加を含め、あらゆる機会を通じて「香取はひとつ」であることを印象づけて、一体感を醸成して参ります。
 一方、行政サービスに直接関わる職員間の早期一体化も重要と考えております。
 このため、職員相互で情報を共有することにより、市役所がもっと身近に感じられるよう職員の意識改革と併せて、市民から見てわかりやすい組織に改善する必要があると考えております。

 3点目は「財政基盤の強化」であります。
 現在、国・地方とも巨額の債務を抱え、地方自治体は極めて厳しい財政運営を強いられております。
 反面、少子高齢化に対応した保健・医療・福祉や教育、さらには環境対策など、行政課題が山積している中で、より安心・安全なまちづくりが求められております。
 また、厳しい環境下にある農業・商業などを基幹産業とする本市としては、 地域の活性化も急務であると認識しております。
 これらの行政需要への対応を図るためには、これまで以上に財政基盤の強化が必要不可欠であると考えております。
 市町村合併は、最大の行政改革の手段でありますが、本市の場合は、依然として厳しい財政状況であることは、ご承知のとおりであります。
 合併協議の場においても、事務事業の調整の中で、常に財政問題が議論の対象とされてきたと伺っております。
 今後、新市建設計画に掲げられた事業を確実に実現するためには、最小の経費で最大の効果を挙げるべく、財源の重点配分と予算の効率的な執行が必要不可欠と認識しております。

 以上のような行政市政の下で、新市建設計画を基本に、選挙公約でも申し上げてまいりました「安心して暮らせる住みよいまち」「地域に密着したコミュニティー事業の推進」「徹底した情報開示による市政の改革」そして「地域振興による産業の発展」の4点を重点施策として、市民の皆様が「元気・活力を実感できるまちづくり」を進めて参りたいと考えております。

香取市長 宇井 成一

このページの作成担当

総務企画部 秘書広報課 広報広聴班
〒287-8501 千葉県香取市佐原ロ2127番地 (市役所4階)
電話:0478-50-1204 ファクス:0478-54-7140

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

香取市役所

市役所・支所のご案内

〒287-8501 千葉県香取市佐原ロ2127番地 電話:0478-54-1111(代表)
開庁時間:月曜~金曜 午前8時30分~午後5時15分(祝日・年末年始を除く)
Copyright (C) Katori City. All Rights Reserved.
フッターここまでページの先頭へ