このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
香取市
  • 暮らし 手続き
  • 子育て 教育
  • 健康 福祉
  • 文化 スポーツ
  • 農業 産業
  • 市政
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • サイトマップ
サイトメニューここまで

本文ここから

平成29年度 建設・上下水道

更新日:2018年7月18日

5.建設・上下水道(道路、上下水道、市街地整備、公園、河川など)

No.01 橘ふれあい公園の植栽等について(平成29年5月)

内容

 「山田鯉のぼりまつり」に参加しました。良い環境の中で、気持ちの良い時間を過ごすことができましたが、憩いの森のツツジの植栽の手入れについて、検討してほしいと思います。
 アスレチックコースは草刈りが行われたようですが、植栽のツツジや、つるなどの植物は伸び放題のままでした。
 また、会場入口付近には、壊れた古い看板が放置されていました。こちらの片付けも検討してほしいと思います。
(男性/60代)

回答

 橘ふれあい公園の植栽管理については、イベントの開催に合わせ除草等を優先的に行いましたが、ご指摘のとおり、手入れの行き届かない箇所がありました。
 また、桜の里及び里山保全区域の管理については、年間4回程度の草刈りと間伐等を実施していますが、実施時期については、草刈りに適した時期とされる5月、7月、9月、11月を予定しており、イベント開催前には実施していない状況でした。
 今後は、お客様が気持ち良くご利用いただけるよう、適切な時期に植栽の剪定を行うなど、維持管理と検討に努めていきます。
 このほか、駐車場の園内案内看板については、今後予定している橘ふれあい公園の再整備に合わせ、現在、リニューアル等の検討を行っているところです。
(担当課:都市整備課、農政課)

No.02 スクールバス停留所に伴う歩道設置について(平成29年5月)

内容

 山田小学校の統合の話が進んでいる件で、希望することがあります。将来、我が家の子どもたちはスクールバスに乗って通学するために、大型ダンプやトラックが多く走る歩道のない県道を停留所まで徒歩で行かなければなりません。歩道を作る計画があるか教えてほしいです。香取市は歩道が少ないように思います。
(女性/30代)

回答

 香取市では、道路の拡幅と併せて歩道の整備を進めています。県道については、道路管理者である千葉県に対して、道路整備の必要性と改善を毎年継続して積極的に要望しているところです。
 一方、千葉県では通学路や危険箇所のほか、地域から要望のあった箇所など、優先度の高い箇所を中心に道路整備の実施に向けて、香取市や警察と連携を図っています。
 お問い合わせのありました県道56号線は、現時点では道路整備の計画はないとのことです。
 なお、香取市の通学路の安全対策については、これまでも香取市教育委員会や環境安全課、土木課のほか、香取警察署や千葉県香取土木事務所が連携して、児童生徒が安全に通学できるよう2年毎に合同点検を行い、その結果を基に、転落防止策の設置や道路標示の補修など、即応可能な対策の実施に取り組んでいます。これからも千葉県への歩道整備の要請と合わせて安全確保に取り組んでいきます。
(担当課:土木課、学校教育課)

No.03 小見川駅前整備工事の危険性の改善について(平成29年10月)

内容

 小見川駅前の整備工事により車や人の流れが悪く、極めて危険です。特に電車が到着する時間がどういう状況か、実際に現地を確認し、事故が起きる前に車道や歩道の最低限の確保を検討してください。
(女性/50代)

回答

 小見川駅前広場の整備工事により、ご不便をお掛けしております。
工事を行うにあたり、駅舎前の共用区域が狭いうえに駅前道路を使用しながらの工事となり、タクシー・バス・送迎車等による混雑が予想されるため、それぞれの導線を確保できるように工事の順番を検討しました。そのため、まず初めに駐車場を整備し、送迎車には駐車場で乗降していただくことにより、駅舎前の共用区域を確保することとしました。
 現在、混雑している場所は道路上であり、そこでの乗降による停車や回転は大変危険を伴いますので、乗降等につきましては、既に完成しています駐車場のご利用をお願いいたします。
 計画では、平成30年3月頃にはロータリーの暫定使用を予定しています。それまでの期間は一時的に駅前道路が狭くなる場合もあり、駅利用者の皆様には大変ご不便をお掛けしますが、ご理解とご協力くださるようお願いいたします。
(追記:平成30年3月現在、予定しておりましたロータリーの暫定使用は、平成30年6月頃になる予定です。)
(担当課:都市整備課)

No.04 鴇崎地区の山砂採取について(平成29年11月)

内容

 私は鴇崎地区に住んでいますが、うちの裏山が大変なことになっていますので、現地を確認してください。
(女性/50代)

回答

 ご指摘の土採取現場から発生する砂埃等の状況につきまして、現地でお話を伺い、実態を確認しました。土採取の許可権者は千葉県香取地域振興事務所長であるため、県担当者に状況を報告し、●●様には改めて県担当者に対して現地の状況説明をお願いしたところです。
 その後、12月11日に現地にて、●●様及び鴇崎区土砂取対策委員長、県担当者、香取市により立ち合いを行い、状況の確認を行いました。
 この場では、今後の方向性として、今回の件を事業者に伝えること、土砂取が12月で終了した後については半年程度で現場整理を行うこと、法面芝張等の現場整備や砂埃を含めた周辺環境対策については委員長が事業者と適切な対処や範囲等を交渉することの確認をし、共通認識を図りました。
 今後、土砂取現場の終了整理についてご意見等がありましたら、効果的・効率的に状況を改善するために、委員長を通した上で鴇崎区の意見として事業者や県担当者に伝える方法がよいかと思います。
(担当課:都市整備課)

No.05 伊地山地区市道の振動や土・流水について(平成29年12月)

内容

 自宅前の道路がガタガタで振動に悩まされています。何度か修理していただきましたが、すぐ駄目になり、井戸のポンプも振動で泥を吸い込み2度壊れてしまいました。該当の道路は常に濡れている状態です。改善をお願いします。(女性/50代)

回答

 現地を確認したところ、ご指摘のとおり、道路面から水が噴出したような状況であるとともに、道路の状態も大変悪化していました。原因としては、大型車両の往来が大変多くなっていることに加えて、山から発生する絞り水によるものと思われます。
 このため、特に状態の悪い道路区間については、今年度に舗装整備工事を実施しますので、工事期間中のご協力をお願いします。
(担当課:土木課)

No.06 家屋等適正管理の指導通知について(平成30年1月)

内容

 現在、私は遠方に在住していますが生家が香取市内にあります。古家ですが格安で貸しており、その後、空家となって、東日本大震災で被害を受けました。震災後、市から修繕等の支援はなく、また立地条件から解体すると新築はできないと言われました。このため現状維持に努め、草刈りなど帰省の度に管理をしてきました。
 そんな中、突然、特定空家に該当するとの通知を受けました。これまで市の担当課にも相談しながら、随時、危険がないよう管理しているつもりでいたにも関わらず、なぜ、急にこのような通知を受けることになったのか説明してください。
(男性)

回答

 空家等対策の推進に関する特別措置法(以下:法)が、平成27年5月26日に完全施行され、平成28年8月から香取市でも法に基づき空家対策を開始いたしました。
 ●●様が所有されます物件につきましては、平成27年12月に市民から通報を受け、同日に現地調査を行い建物の破損が確認されたことから、「建築物の状況について(連絡)」を郵送いたしました。
 その後、平成28年8月から市で法による空家対策を開始したことから、同月29日に現地を再調査し、調査項目に該当することから特定空家と判定されています。
 特定空家と判定されますと法第14条1項の規定により権利者の方に指導を行うこととなります。
 今回、「空家等の適正管理について(指導)」の文書を郵送しましたのは、この規定によるものです。
 文書をお送りしたことでご心配をおかけしましたが、当該物件につきましては●●様がご自身で改善に向けて作業を継続されておりますので、作業期間中に●●様に不利益が生じる法第14条2項による勧告手続きに進むことはありません。
 今後も破損箇所の改善の確認を行い、作業完了が確認されれば特定空家の判定が解除されることとなります。
 遠方からの作業でお骨折りいただいておりますが、特定空家解除のために、作業を継続していただけますようお願いいたします。
(担当課:都市整備課)

No.08 福田・伊地山地区市道の補修について(平成30年2月)

内容

 20数年前、伊地山にバイパス道路ができて以来、当該道路は、東総有料道路からの抜け道となり大型車両、トラック、ダンプ(再生土の運搬等)の往来が激しくなり、騒音と地響きに悩まされ続けてきました。特に最近は道路も壊れ、ますますひどくなってきています。そこで、市役所へ行き、再舗装をお願いしたのですが、予算がないと断られてしまいました。壊れたままでは困るので、早急に舗装工事をやってもらいたいです。(男性)

回答

 お手紙を頂きました市道1―10号線につきましては、舗装修繕工事を平成30年3月15日から20日の期間に実施する予定です。
再舗装工事につきましては、老朽化の状況を考慮しながら随時実施しているところです。本年度につきましては、北崎測量前付近を実施する予定です。
引き続き、今後も計画的に工事を行っていきますので、ご理解とご協力くださるようお願いいたします。
(担当課:土木課)

No.09 木内付近県道44号線工事について(平成30年3月)

内容

 県道44号木内付近の工事ありがとうございます。数年前から、昼夜、大型のトラックが通るたびに、震度3くらいかと思うくらいの揺れで、落ち着きませんでしたが、これからはやっと静かな生活ができるかと嬉しく思いました。でも、カインズ寄りの成田から来て左側の工事のスタートをあと2メートルだけでよいのでのばしていただけませんか?
 そこの窪みが本当にうるさいんです。なぜ、あと少し気がついてくれないのか、担当の方はどこを調べているんでしょうか?
(女性/30代)

回答

 お手紙を頂きました県道44号線につきましては、道路管理者である千葉県に確認したところ、今回実施した舗装修繕工事について、予算の関係上、工事範囲を伸ばすことはできませんでしたが、来年度(平成30年4月)以降に工事発注の手続きを進めたいとのことでした。
 また、舗装修繕工事の範囲につきましては、今回施工した箇所から国道356号に進めていくように計画をするとの回答がありました。
引き続き、今後も道路行政に対して、ご理解とご協力くださるようお願いいたします。
(担当課:土木課)

No.10 佐原公園の桜の木の伐採について(平成30年3月)

内容

 先日、諏訪公園を見て桜がないことに驚きました。何の知らせもなく突然の伐採。ただただ驚くばかりです。市民や観光客の花見スポットの桜があまりにもかわいそうです。何故全てを突然伐採したのか?あまりにも寂しくて驚いて、納得いく理由が知りたくてメールしました。
(女性)
 佐原公園の立派な桜の木が伐採され、とても悲しくなってしまいました。
伐採された理由は、
(1)忠敬像が見えにくい
(2)道路に枝が落ちて危ない
であると説明を受けました。
 納得できません。この先何十年も花を咲かせてくれ、市民、観光客の目を楽しませてくれる大木を根こそぎ切ることはありません。半世紀以上もあの場に立つキズ一つない佐原が誇れる桜の木です。もっと大事にしてほしかったです。
(女性/60代)

回答

 佐原公園の桜は、植栽から長年が経過し、樹勢が衰えたことにより、花芽が少なくなり、病木も増えてきていたことから、台風等の際に、枝が折れる等の被害を受けていました。特に広場側については、遊具が設置されており、折れた枝により子供等が怪我をする危険性がありました。
 道路側の桜についても、枝が道路へ張り出し、通行の妨げとなることから、過去に枝の剪定を実施してきました。
 また、佐原公園は大正時代に伊能忠敬翁の銅像を建立するなど、顕彰公園として整備が始まりました。今年は伊能忠敬翁没後200年目の節目となりますが、春から夏にかけては、樹木の葉等で園内の見通しが悪く、伊能忠敬像が見えないとの意見がありました。 
 このようなことから、公園利用者の安全確保と公園の景観向上を目的として、諏訪神社、佐原観光協会、佐原商工会議所、公園に隣接する自治会の会長へ事前にご意見をお伺いするとともに、公園に隣接する自治会住民へ回覧でお知らせしたうえで、広場側の樹木を伐採しました。
 今後については、桜の植樹も含め、佐原公園の再整備を総合的に検討していく予定です。
(担当課:都市整備課)

このページの作成担当

総務企画部 秘書広報課 広報広聴班
〒287-8501 千葉県香取市佐原ロ2127番地 (市役所4階)
電話:0478-50-1204 ファクス:0478-54-7140

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

香取市役所

市役所・支所のご案内

〒287-8501 千葉県香取市佐原ロ2127番地 電話:0478-54-1111(代表)
開庁時間:月曜~金曜 午前8時30分~午後5時15分(祝日・年末年始を除く)
Copyright (C) Katori City. All Rights Reserved.
フッターここまでページの先頭へ