このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
香取市
  • 暮らし 手続き
  • 子育て 教育
  • 健康 福祉
  • 文化 スポーツ
  • 農業 産業
  • 市政
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • サイトマップ
サイトメニューここまで

本文ここから

平成28年度 健康・福祉

更新日:2017年4月15日

2.健康・福祉(医療、福祉、育児支援、国保・年金など)

No.01 市内の病院での患者受け入れ体制について(平成28年4月)

内容

 救急患者が、地元の県立佐原病院では医師不足か設備の面からか、受け入れてもらえず、市外(旭、成田、鹿嶋など)へ搬送されることがあるようです。何とか市内の病院で対応してもらえるように出来ないものでしょうか? 地域の住民が安心して暮らすためにも、救急病院、総合診療科等の整備は急務であり、遠方への搬送はそれだけ命に関わります。既往の病院での対応が出来ないのなら、救急対応が出来る病院の誘致などは考えられませんか。市民の生命、健康の維持増進のためにも医療整備は絶対だと思います。
 また、医療の整備は人口対策にもなるのではと思います。香取市の人口は毎月減少しており、合併新市発足当時と比較しても人口、世帯数、ともに相当減少しています。一方で人口が増えている自治体もあります。「香取市に住めば医療は救急を含めて充実しており、診療には心配なく、子どもも安心して産める、育てられる」という環境を整えれば、人口の流出に歯止めをかけられるばかりでなく、流入も図られるのではないでしょうか。
(男性/70代)

回答

 県立佐原病院は香取地域の中核病院として、地域医療に果たすその役割は大きく、地域住民にとって欠かすことのできない病院です。このことから医療体制のさらなる整備と充実は香取市の最重要課題と認識し、県にあらゆる機会を通じて要望しているところです。
 救急外来の対応は、近年の医師の偏在等により、香取市内の医療機関で大変苦慮されている現状です。これを踏まえ、医師不足解消に向け、臨床研修終了後の一定期間、県知事が指定する地域病院で勤務することを義務付けるなど、地域医療に従事するような制度の創設等を国に要望しました。
 また、地域医療体制の充実に向けた主体的な取り組みを検討するため、医療関係者や住民等で構成する「香取地域医療の在り方に係る調査・検討委員会」を本年度に設置いたします。この検討委員会での意見や考えを反映させ、今後の取り組みや方向性を定めると共に、香取市として市民が安心・安全に暮らせるような地域医療体制の充実に向け取り組んでまいります。
(担当課:健康づくり課、企画政策課)

No.02 滞納者の人間ドックの取り扱いについて(平成28年6月)

内容

 昨年、人間ドックを受けたら約8万円の費用がかかりました。人間ドックは助成金が出るはずなので、市役所に問い合わせたところ、保険料の納付が遅れているのを理由に、助成金は出せないと言われてしまいました。とても困りましたし、なぜなのか良くわかりません。無駄に保険を使わないで済むように人間ドックを受け、予防しようという市民を行政は後押ししてください。保険料の納付が滞っているのにも理由があるのですから、市民に優しい税金の納め方についても考えてほしいです。
(男性/70代)

回答

 疾病の予防、医療費の抑制には人間ドックは大変有効であり、市としても推進しているところです。その一方で人間ドック助成額は検査費用の7割の額で、2万円を限度に助成しており、これは医療機関で特定健診を受診した場合の費用(一般的な方で7,660円)の約3倍と高額です。このため、助成対象者は「過去1年以上国民健康保険に加入し、国保税を完納している世帯の方」と規定しています。税負担の公平性を保つため、ご理解をいただきたいと思います。
 なお、国保税は、加入者の前年所得に対する所得割、当該年度分の固定資産税額に対する資産割等の合算で算定されます。退職した翌年の負担増に対しては、2年間は任意継続保険という元の職場の保険に加入できる制度があります。また、納付に関しましては、年間の保険料を8期で納めていただくため、どうしても負担が大きくなっていますので、納付回数については、ご相談により対応させていただきます。
 市民の皆さんの健康維持のため、市では特定健診やがん検診等を無料で実施しています。昨年から尿酸及び腎機能の検査を追加し、今年度からはがんの早期発見につながる貧血検査を全員に行うなど充実を図っていますので、これらの特定健診の受診もご検討ください。
(担当課:市民課)

No.03 難病申請の問い合わせ先について(平成28年7月)

内容

 難病申請による公費負担の審査結果が不承認という電話連絡があり、翌日、保健センターに通知を受け取りに出向いた。その際、色々と尋ねたが、納得できる説明をいただけなかった。
 その日の午後、通院先の病院の医師が、診察時に保健センターに電話を入れると、3度も電話をたらい回しにされ、やっと繋がったので不承認になった案件の相談を申し出ると、「それは県の疾病対策課へお尋ね願いたい」とのこと。
こんな対応しかできない保健センターは廃止するべき。
(男性/50代)

回答

 病院の医師からの照会電話については、市の保健センター(健康づくり課)ではお受けしたことが確認できず、不承認通知書等に記載されていた連絡先の香取地域健康福祉センター(県の保健所)が対応したのではないかと思われます。
 なお、ご指摘をいただきました難病申請による公費負担は、市が行う事務ではないため、県に確認したところ、以下の事務手順で行われているそうです。
 特定医療費(指定難病)給付の申請は、管轄の地域健康福祉センター(県の保健所)で申請を受付し、県の疾病対策課へ送られた後、月に一度の審査会に諮られます。審査会で承認された場合は受給者証が、審査会で不承認となった場合は不承認通知書が保健所へ送付されます。郵送を希望せず保健所で受け取る方には、保健所から交付の電話連絡をしているとのことです。
 今後も市では、市民からのお問い合わせ、相談等に丁寧でわかりやすい対応を心がけてまいります。
(担当課:健康づくり課)

No.04 児童クラブが警報で休みになる場合の確認方法について(平成28年8月)

内容

 朝6時の時点で警報の確認ができず、その後6時40分頃インターネットで確認すると注意報になっていたので、児童クラブに行ってから休みだと知りました。
 子育て支援課に聞いたところ、銚子気象台に電話するかテレビを見るよう言われました。ですが、6時丁度を逃すと確認のしようがありません。
 学校では一斉メールが届きますが、児童クラブでも市のホームページなどで休みの情報が確認できるようにしてほしいです。また、途中で迎えに行く必要がある時も確認できる公式発表があればと思います。
(女性/40代)

回答

 児童クラブの警報発令時の対応については、「香取市放課後児童クラブのご案内」に記載しているとおり、午前6時の時点で警報が発令されていたら、休所としています。
 ご指摘のように、午前6時時点の気象情報を確認できなかった場合、テレビで過去の履歴を確認することは難しいと思われます。その場合には、ネットワーク環境にあるパソコンやスマートフォンが必要になりますが、「千葉県防災ポータルサイト」で市町村別の過去履歴をご覧いただくことができますので、ご活用ください。
 しかし、8月17日の台風7号の時は接近時間が早朝であったこと、また、その後の天候回復が予測されたこともあり、利用者の皆様に混乱を招く結果となってしまいました。この反省を踏まえ、ご提案にある、小学校で実施されているラインネットと同じようなシステムの導入など対応策を講じてまいります。
 ただし、途中で迎えに行かなければならない場合などについては、多くの方が勤務時間中であり端末を確認することが難しいと思われるため、緊急連絡先への電話により対応させていただきます。
(担当課:子育て支援課)

No.05 障害者のタクシー券の利用方法について(平成28年11月)

内容

 父が腎機能低下により人工透析治療を開始し、障害者1級に認定されました。先日、市役所で支援サービスの手続きをしてタクシー券をいただいたのですが、1回に使用できるのは2枚までで、3キロメートルも走れないです。住まいから一番近い商店まで6.7キロメートルあります。年金生活の父は、これではタクシーは使えないと嘆いていました。タクシー券に関しては、使い方は本人の自由にしていただけないでしょうか?
(女性/50代)

回答

 香取市福祉タクシー事業は、1回の乗車につき福祉タクシー利用券2枚(1,000円)を助成し、料金が1,000円未満ならばタクシー利用券1枚(500円)を助成することと定めています。
 この事業は、国が示す身体障害者等へのタクシー運賃割引制度に、「身体障害者等の積極的な社会参加を支援する」とあるのを踏まえ、障害者等の通院や会合など社会参加の機会を数多く手助けできるようにとの趣旨から、1回の乗車で使える枚数を設定しています。
 なお、タクシー利用券の交付枚数は通常1か月につき4枚ですが、じん臓機能障害で人口透析治療を受けている方には、8枚交付しています。タクシー会社によっては身体障害者等に交付される手帳の提示で運賃の1割引を行う運賃割引制度を実施していますので、併用してお使いいただければ、自己負担額の軽減になります。福祉タクシー事業の趣旨をご理解いただき、ご利用いただければと思います。
(担当課:社会福祉課)

No.06 要介護認定の判定及び特別養護老人ホームの入所条件について(平成28年11月)

内容

 私の身近な人の話です。市内の特別養護老人ホームは数百人待ちということで、他市の新設施設に受け入れていただいています。ですが今回、介護認定審査会で要介護1になってしまい、一人暮らしの高齢者がアパートを契約解除して入居したのにホームを出なければならないと聞き、香取市の判定に疑問を感じています。
(女性)

回答

 要介護認定は、主治医の意見書と、ご家族等の立会いもお願いして介護認定調査員が行う認定調査を基に、国が示した判定基準により一次判定をします。さらに介護認定審査会において一次判定どおりで良いかを審査して、最終的な介護度を出しています。介護認定調査員と介護認定審査会委員は、それぞれ研修を重ね、すべての方に公平で平等に事務を進めておりますので、ご理解をいただきたいと存じます。
 また、特別養護老人ホームへの入所は、昨年の4月から介護3以上に限定するよう変更となりましたが、要介護1又は2の方であっても、やむを得ない事情により特別養護老人ホーム以外での生活が著しく困難であると認められた際は、特例として入所できる場合があります。特別養護老人ホームへご相談いただきますよう、お願いいたします。
(担当課:高齢者福祉課)

No.07 マッサージ鍼灸の療養費について(平成28年12月)

内容

 マッサージ鍼灸の療養費支給申請の件です。施術料金の改定にあたっては、改定金額の通達があったなら療養費支給申請時に教えていただきたい。この話を市民課にしましたが、「厚労省のホームページで確認してください。市民課では多くの通達があってできない」とのことでした。
 また、新料金になっているのに旧料金でも受付をして後日返送していますが、受付時の内容確認はどうなっているのですか?
 申請者によっては自己負担金を他県や香取市に請求をされる方もいます。他県に改定料金で再郵送すると送料が請求金額より多くなることもあります。
(男性/60代)

回答

 療養費支給申請書の提出時に料金の改定についてお知らせできず、申し訳ございませんでした。
 受付の際、窓口では書類が揃っているかどうかのみ確認しています。これは窓口でなるべく市民の皆さんをお待たせしない対応であると同時に、間違いを防止する意図があり、内容について担当の職員が月単位で審査しています。このことから、訂正が必要な場合には後日返送するという方法を取っていますが、マッサージ鍼灸などの療養費は、更に国民健康保険団体連合会に内容審査を依頼し、内容が適正であったものを給付決定します。市の担当審査は、その月内に実施していますので、他の方より連合会への審査依頼が遅れるようなことはほとんどありません。
 また、施術料金の改定を通達の都度お知らせしてほしいとの要望については、県の保険指導課に相談したところ、市は通知する立場にないとの判断でした。従いまして市から通知はできませんが、お問い合わせがあれば、個別に回答させていただきたいと思います。
(担当課:市民課)

No.08 母子扶養手当を不正に受給している住人について(平成29年3月)

内容

 私の居住しているアパートに母子扶養手当を不正に受給している住人がいます。きちんと調査をすれば直ぐに発覚するような事です。ギリギリの生活をしている母子家庭は沢山います。そういう方達の為の手当てではないのですか。
 どうか、きちんとした調査をし、その上での対処をお願いします。
(女性/30代)

回答

 児童扶養手当は、ひとり親家庭の生活の安定と自立を助け、児童の福祉推進を図ることを目的として支給される手当です。市では、支給のための該当要件を満たしていないなどの情報があった場合、本人との面談などにより、早急に事実確認を行い支給が必要か否かを判断しているところです。
 今回いただいた情報については、個人の情報が特定されるため申し上げられませんが、同様のケースでは、調査や面接は必ず行い、調査結果に基づいて支給を決定していますのでご理解いただきますようお願いします。
(担当課:子育て支援課)

このページの作成担当

総務企画部 秘書広報課 広報広聴班
〒287-8501 千葉県香取市佐原ロ2127番地 (市役所4階)
電話:0478-50-1204 ファクス:0478-54-7140

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

香取市役所

市役所・支所のご案内

〒287-8501 千葉県香取市佐原ロ2127番地 電話:0478-54-1111(代表)
開庁時間:月曜~金曜 午前8時30分~午後5時15分(祝日・年末年始を除く)
Copyright (C) Katori City. All Rights Reserved.
フッターここまでページの先頭へ