このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
香取市
  • 暮らし 手続き
  • 子育て 教育
  • 健康 福祉
  • 文化 スポーツ
  • 農業 産業
  • 市政
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • サイトマップ
サイトメニューここまで

本文ここから

平成28年度 市民生活・環境

更新日:2017年4月15日

1.生活・環境(生活、ごみ、リサイクル、公害、交通安全など)

No.01 小見川大橋の慢性的な渋滞の改善について(平成28年4月)

内容

 小見川大橋の慢性的な大渋滞を何とかしてください。
 渋滞の起きる主な理由は小見川大橋と息栖大橋の間の信号です。堤防沿いの道の信号は感応式で、交通量がさほど多くなくても感応が検知し優先になるため橋側は常に渋滞しています。実際に堤防側は信号一回で抜けられますが、橋側は国道356の近くまで渋滞し信号が何回も変わっても抜けられません。
 渋滞が起きる時間は曜日ごとに違い、平日なら朝6時から8時半と夕方5時から6時半、土日祝日は午後1時から4時と全く違うにも関わらず改善されていません。渋滞のせいで、バイクで逆走する人や、歩道に乗り入れる人もいます。
(男性/30代)

回答

 小見川大橋の朝夕の渋滞状況とご指摘の小見川大橋と息栖大橋の間にある信号機を確認しました。
 信号機は、交通管理者である県公安委員会(警察署)の管轄となりますので、香取警察署に当該信号機の時間設定等について伺ったところ、感応式信号となるのは夜間であり、朝夕の交通量が集中する時間帯は本線の小見川大橋側を優先とする一定の周期(定周期)信号とのことでした。警察としても状況を把握しており、渋滞緩和のため、当該箇所に右矢印信号を導入し、数回にわたり信号の秒数サイクルを長くするなどの改善(調整)を講じ、現状の道路形態では最適な秒数サイクルにしたところですが、車が集中してしまうと信号機による渋滞緩和対策には限界があるとのことでした。
 また、バイクの逆走や歩道乗り入れの違反行為については、警察署に街頭指導をお願いしました。
 市としましては、今後も交通状況の変化に応じ、その都度、警察署や道路管理者である千葉県に渋滞緩和対策の要請を行ってまいります。
(担当課:環境安全課)

No.02 白鳥の雛が殺されたことについて(平成28年5月)

内容

 黒部のコブハクチョウの雛が殺されました。市民みんなが毎日(その成長を)楽しみにしていたのですが、4月末日、6羽とも殺されてしまいました。保護鳥類を捕まえたり殺したりするのは犯罪で、子どもたちにも大変な悪影響を与えます。
 そこで案なのですが、白鳥が損害を与えた場合、農家や土地の持主に補償金を交付してもらえませんか。このむごい事件は白鳥がいる限り毎年起こります。最善策を考慮ください。
(男性/70代)

回答

 コブハクチョウは、主にヨーロッパ西部・中央アジア・モンゴル・シベリア南部で繁殖している野鳥であり、日本の「鳥類の保護及び管理並びに狩猟の適正化に関する法律」では、保護鳥類、狩猟鳥獣のいずれにも該当せず、その多くは、動物園などから逃げ出し野生化したものです。
 お手紙の中で、雛が殺されたとありますが、他の動物や鳥などに捕食されることも多いようです。しかし、今回は、皆さんのご意見を総合した結果、動物によるものでは無いと判断されたとのことで、事実であれば大変残念です。
 さて、「白鳥が損害を与えた場合、農家や土地の持主に補償金を交付出来ないか」とのご提案ですが、既に鳥獣被害などによる損失を補填する制度(農業災害補償制度)があります。この制度は、被害により収穫量が平年に比べ一定割合以上減少した場合に、補填の対象となる減収量を算出し、これに農業者との契約による補償単価を乗じて算出した共済金を支払うもので、香取農業共済組合で運営されています。
 このため、市としては追加での補償は考えていませんが、今後、むごい事件を無くしていくには、次の内容の周知徹底を図ることが、現時点でできる唯一の方策と考えます。

  1. 「鳥類の保護及び管理並びに狩猟の適正化に関する法律」により、鳥の捕獲、卵の採取などは原則禁止されていること
  2. 野生のコブハクチョウがその地域に居ついてしまったり、数が増えすぎたりすることによって、農作物被害を助長することのないよう餌付け行為は行わないこと

 これらについて、看板の掲示や広報・ホームページなどで呼びかけていきます。
なお、捕獲、卵の採取などの行為を発見した場合は警察に通報していだだくようお願いします。
(担当課:環境安全課、農政課)

No.03 ごみ袋の値段について(平成28年6月)


内容

 ごみ袋の値段があまりに高い件です。500円という驚きの金額は人によっては、ごみの不法投棄に繋がっているのではないでしょうか?
(男性/70代)


回答

 香取市のごみ袋については、1袋(大40リットル)分を処理するのに約250円の経費がかかっており、その内の約2割程度の51円を市民の皆さんにご負担いただいています。
 市では、少しでも市民負担を軽減するため、市内にあるごみの焼却施設を統合してリサイクル施設を整備するなど、ごみの資源化を推進する取り組みをしてきました。その結果、処理経費の低減が見込まれることから、現在、値下げをする予定で検討を進めているところです。
(担当課:環境安全課)

No.04 市民スペースを利用する学生のマナーについて(平成28年7月)


内容

 小見川支所の図書館や市民スペースを利用しています。かなり前から学生のマナーが良くないように感じます。大声で話す、立ち話、歩いて話す、食事をしてずっと話している、携帯電話での通話、ごみを置いていく、席を確保して誰もいないなどが見受けられました。
 学生も行き場がないのは分かりますが、マナーはしっかり守ってもらいたいです。学校や家庭に連絡する手段を取る前に、こうした学生が自主的にマナーを守れるようにルールを変えてほしいです。
(女性/30代)


回答

 施設を管理する立場からも、施設利用のルールを遵守する旨の「利用マナーについて」の看板を設置し、注意喚起をしているところです。
 また、目に余る行為があった場合には、利用ルールを遵守するよう指導しておりますが、ご指摘いただいたように一部の学生等の行為により、施設利用者に不愉快な思いをさせてしまい大変申し訳ありませんでした。
 今後も引き続き、市民の皆様のご意見ご要望を取り入れながら、快適にご利用いただけるよう対処してまいります。
(担当課:小見川支所)

No.05 マイナンバーカード取得時の身分証明について(平成28年7月)

内容

 カードを取得するため、はがきと通知カードと免許証を持参した。
 市民課窓口で免許証のコピーをさせてほしいと言われ、断ったら、発行できませんとのことで、そのまま帰ってきた。他の自治体に問い合わせると、(1)確認だけ、(2)コピーは取るが個人情報の取り扱い文書コピーを配布しているという状況だった。さらに国に確認すると、あくまでも渡す本人が確認できればそれで良いし、安易にコピーを求めるようには指導しないとの回答を得た。今回については、(1)か(2)どちらなのか、(2)の場合は文書の請求を求めたい。
(男性/60代)

回答
 マイナンバーカードの交付にあたり、ご意向に沿えず、誠に申し訳ありませんでした。

市では交付の際、「行政手続きにおける特定個人を識別するための番号の利用等に関する法律」(番号利用法)に基づき、本人確認書類の提示を受け、また、総務省が定める「通知カード及び個人番号カードの交付等に関する事務処理要領」に従い、本人確認書類を複写して、交付申請書とともに保存しています。ご指摘の、目的外使用をしない旨の文書はお渡ししていませんが、この複写は、なりすましや不正取得を防ぐための対応であり、事務処理要領の定めに従っています。
 県及び総務省に照会したところ、本人確認書類の複写を堅く拒まれる等、特段の場合については、市区町村の判断により、提示された本人確認書類の種類等を控えるなど、市区町村の職員による厳格な本人確認を確実に実施した旨の記録を行うなどして差支えないとの回答がありましたので、当市でも同様の対応をすることとしました。
(担当課:市民課)

No.06 ごみ回収車の状況について(平成28年7月)

内容

 昨日の不燃ごみが回収されていませんでした。ごみ収集カレンダーを見て皆出しているのですから回収はその日にしてほしいです。また、決まった時間に回収してもらえれば、出す人も回収時間に合わせられますし、ネコやカラスにいたずらされるのを防げるはずです。委託の回収車を使用しているとしても、決められた日には必ず回収するよう徹底してください。
(女性/60代)

回答

 平成28年4月から、ごみ収集カレンダーが変更となりました。●●地区のビン・カンの日は、7月は●日・●日となっていますので、再度ごみ収集カレンダーで確認をお願いします。
 また、可燃ごみ・不燃ごみ(赤い袋)等は、カレンダーにも記載しているように、朝8時までに出していただくようにご協力をお願いしています。回収時間は、業者の運搬量と施設への搬入時間の都合により、決められた時間帯に回収するとは約束できないため、ご理解くださるようお願いします。なお、今年度から収集コースと収集業者が変更となっているケースがあるため、回収されていないことがありましたら環境安全課にご連絡ください。
(担当課:環境安全課)

No.07 ごみ処理施設について(平成28年9月)

内容
 他市のごみ処理施設に見習うところがあります。車両をパソコンで管理(車番・必要事項の確認)して、車を降りずに、スムーズにごみの搬入ができるというものです。仁良のごみ処理施設でも、このように事務手続きを改善してもらいたいですし、信号の設置も必要と考えます。

(男性60代)

回答

 他市のごみ処理施設に行き聞いたところ、該当の施設は一般家庭ごみだけの受け入れで、1日の最大搬入台数は500台超、年間90,000台もの搬入があり、受付を無視して搬入してしまうことや住所を無視して搬入してしまうこと等への防止策として、信号機を設置し、パソコン上での管理システムに変えたとのことでした。利用者が車(自家用自動車)を登録する際は車検証写と免許証写を添付して申請し、登録が完了した後はパソコン画面上の確認だけで済むそうです。
 市内の仁良清掃工場では、受付及び計量業務を平成28年4月から長岡不燃物処理場に場所を移して行っていますが、現在のところ信号機の設置はありません。なお、伊地山クリーンセンターの受付には信号機が設置されています。
 このたびの、ごみ処理施設の整備の件については、施設管理者である香取広域市町村圏事務組合へ協議事項として伝えさせていただきます。
(担当課:環境安全課)

No.08 ごみの搬入の件について(平成28年9月)

内容

 ごみの搬入窓口が開くのを待っていると、後から来た職員らしき人物の車が受付をせず、自分より先にごみを捨てました。このようなことが、市民が知らないところで普段から行われているのでしょうか?
(男性/60代)

回答

 香取広域市町村圏事務組合に確認したところ、職員(臨時職員)が受付時間前に受付をせずにごみを搬入した事実が確認されました。
 今後の対応につきましては、住民の視点に立った公平公正な対応を心がけること、また、二度とこのようなことの無いよう指示をしたと連絡を受けています。
(担当課:環境安全課)

No.09 三重県志摩市の不燃ごみ袋に関し、香取市で出来ることの提案について(平成29年2月)

内容

 三重県志摩市が不燃ごみ袋を過剰生産し在庫が30年相当の使用量になってしまったとの報道がありました。よく見ると、その不燃ごみ袋は当市のペットボトルごみ袋にそっくりです。そこで提案ですが、志摩市さんから不燃ごみ袋を引き取って、香取市で臨時にペットボトル用ごみ袋として利用してみたらどうでしょうか?
(男性/40代)

回答

 香取市の事を考えたご提案をいただき、ありがとうございます。
 現在、香取市のごみ袋関係の契約は香取広域市町村圏事務組合の管轄となっていますので、さっそく提案を伝えるとともに志摩市のごみ袋担当課へ電話で尋ねたところ、作成枚数は5~6年で消費する見込みであり、情報は1人歩きしたもので、他市へ売却するなどは一切考えていないとの回答をいただきました。
 ついては、今回は残念ながら利用することは不可能だと判断しましたので、ご理解いただきますようお願いします。
(担当課:環境安全課)

No.10 新しいごみ収集システムについて(平成29年3月)

内容

 先日、新しいごみの分別収集に関するパンフレットが回覧で配布されました。そこに記載されている「雑紙の出し方」は、現実的に無理だと思います。分別は可能ですが、毎週紙袋に入れて出すのが難しいです。紙袋を毎週十分に用意できる家庭はあまりありません。さらに、新聞紙や広告、コピー用紙などを集めて結束するには一般的にビニールやプラ系の紐を用います。ところがティッシュの出し口にあるビニールまで取れ、というからには石油系の紐はダメということですね。
 また、オフィスなどで出る大量のシュレッダーゴミはどうするのでしょう?
(男性/50代)

回答

 今回の回覧で配布しています「雑紙の出し方」は、家庭ごみから出る雑紙の出し方の一部(一例)であり、必ずしも紙袋に入れたり、紐で強く縛ったりする必要はありません。このほか段ボール箱に入れて出す方法もあります。また、新聞紙や広告、コピー用紙などを集めて束ねるものには、石油系の紐を使用していただいて大丈夫です。市としましては、紙の再資源化率の向上と収集委託業者の作業能率アップ、景観保全を図るために、市民の皆さんにご協力をお願いするものです。
 なお、オフィスなどで出る大量のシュレッダーゴミは、事業所系ゴミとなることから、その事業所の契約されている収集業者での処分方法となります。
 今後、ご意見を踏まえ、更に紙類のほか資源物の出し易いシステムを検討し市民の皆さんにご理解とご協力を得られるように努め、ごみの無い街・香取市を目指していきたいと考えております。
(担当課:環境安全課)

このページの作成担当

総務企画部 秘書広報課 広報広聴班
〒287-8501 千葉県香取市佐原ロ2127番地 (市役所4階)
電話:0478-50-1204 ファクス:0478-54-7140

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

香取市役所

市役所・支所のご案内

〒287-8501 千葉県香取市佐原ロ2127番地 電話:0478-54-1111(代表)
開庁時間:月曜~金曜 午前8時30分~午後5時15分(祝日・年末年始を除く)
Copyright (C) Katori City. All Rights Reserved.
フッターここまでページの先頭へ