このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
香取市
  • 暮らし 手続き
  • 子育て 教育
  • 健康 福祉
  • 文化 スポーツ
  • 農業 産業
  • 市政
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • サイトマップ
サイトメニューここまで

本文ここから

平成27年度 企画・財政

更新日:2016年2月1日

6.企画・財政(まちづくり、市財政、市税、公共交通など)

No.01 佐原循環バスの発着時間について(平成27年5月)

内容  観光で香取神宮や佐原の街並みにたびたび立ち寄らせていただいています。3月にJRのダイヤが改正され、佐原駅で周遊バスとの乗り継ぎが悪くなった便があります。
成田線と、香取市の周遊バスは性格も違い、これだけの理由で時間の調整をお願いするのはわがままにも思いますが、観光に不便になってしまったことは事実です。可能であれば、電車に乗り継げるよう、バスの到着時刻を変更していただければ幸いです。
(男性/30代)
回答  平成27年3月のJRダイヤ改正に伴い、電車への乗り継ぎが不便になった循環バス便があることは、他のお客さまからもご指摘をいただいています。そのため、現在、JR佐原駅発着のダイヤに合わせたバスの時刻表となるよう、循環バスの運行を委託している千葉交通株式会社と調整を行っています。
 ただし、循環バス(周遊ルート)は1台で運行をしているため、すべての佐原駅発着の電車(上り・下り)に合わせたバスの時刻表の設定は難しく、可能な範囲でできるだけ多くのお客様が利用しやすい時刻表にしたいと思います。
 時刻表が決まり次第、香取市ホームページ等で周知をしますので、引き続き香取市観光に佐原循環バスをご利用いただければ幸いです。
(担当課:企画政策課)

 ※循環バス(周遊ルート)の時刻表は、平成27年6月6日に改正されました。

No.02 旧清見屋跡地の複合施設について(平成27年8月)

内容  佐原ほど歴史(古代から江戸・明治時代)の関連物に恵まれているところは近隣ではありません。
 一方で、その展示がされているのは、小見川の「香取市文化財保存館」「県立中央博物館大利根分館」「はにわ博物館」などに分散されて、肝心の「佐原中央公民館」には展示されていません。私たちの住んでいる場所から出土したものが、なぜ、他の場所でしか見られないのでしょうか。毎年、公民館まつりで多くの人が集まるのですが、このような歴史的遺物があることを知らず、他の事に興味が行ってしまうのが残念です。
 ここで、提案ですが、今度できる旧清見屋跡地の複合施設に展示コーナーを作っていただきたいと思います。また、江戸時代の国学、儒教などの古い書籍を持っている方がいて、展示する場所がないため倉庫に眠っているという話もあり、このような古文書を展示できればと思います。
(男性)
回答  佐原駅周辺の拠点施設については、現在、建て替え需要のある公共施設等の複合化・多機能化を検討しているところです。そのため、現時点で文化財の常設展示スペースの確保が可能かどうかの判断は難しい状況です。
 大利根博物館やはにわ博物館に分散している文化財は、それぞれの施設に所有権がありますので、借用して展示することも可能ですが、借用期間も限定されるうえ、防犯・防火対策などが完備した展示施設であることが求められます。
 また、市が管理する指定文化財(考古資料)は、防犯上の問題等から現在は香取市文化財保存館で保管展示しています。ご不便をおかけしますが、そちらで見学をお願いしています。
 江戸時代等の書籍関係の展示については、現在、香取市に書籍を安全に保管できる施設はなく、指定措置のなされていない文化財は、所有者管理に委ねられているのが現状です。
(担当課:企画政策課、生涯学習課)

No.03 市民税の過誤納金還付通知書について(平成27年8月)

内容  税金納付遅延には罰則金があるため6月に市民税を全額納付したところ、過誤納金還付(充当)通知書が届き、4月・6月分が納め過ぎですので還付しますと書かれていました。請求に誤りがあったのですから、誤りの修正と説明が必要ではないでしょうか。
(男性/60代)
回答  市県民税は、公的年金を受給されている65歳以上の方を対象に、年金からの天引きによる納付が行われています。年金から納付いただく税額は、公的年金に係る所得から算出される分に限られ、それ以外の所得(給与、事業、不動産など)から算出される分は、これまでどおり納税者本人に納付いただくか、給与天引きにより納めていただきます。なお、この制度は、前年度から引き続き対象となる場合、前年度2月に徴収された金額と同額が、4月・6月・8月支給の年金から仮に徴収される仕組みとなっています。年金から納付いただく税額は毎年6月中旬に決定するため、仮に徴収された税額が決定額を上回る場合は、還付をして調整することとなります。本件のように、制度上の理由で還付となる方や 初めて年金から引かれる方へは、説明の文書を納税通知書に同封していますが、文面を工夫するなど、制度のわかりやすい説明に努めてまいりますので、ご理解くださいますようお願いいたします。
 また、ご不明な点などございましたら、お電話でも結構ですので、お気軽に税務課市民税担当までお問い合わせください。
(担当課:税務課)

No.04 旧清見屋跡地の活用について(平成27年8月)

内容  清見屋跡地の活用については色々な意見(構想)が届いていると思います。聞くところによると「山車会館の移設」「市営駐車場」「物産館」等の意見があるようですが、私も一つ提案があります。映画館・スパ施設(○○の湯)などはどうでしょうか。駅から歩いて数分と言う絶好の場所なのですから是非活かすべきです。スパ施設などは年寄が多い今のご時世ピッタリだと思います。映画館ですが東町にある映画館は土曜・日曜・祝日などは結構入ってます。駅から歩いて数分ですからスパ施設同様絶好の立地条件だと思います。
(男性/50代)
回答  清見屋跡地の活用については、本市玄関口の一つである佐原駅周辺市街地の活性化を図るため、本市の「観光振興・市民交流の促進」の拠点と位置付けた施設整備を行う計画として平成25年5月に「佐原駅周辺地区活性化拠点基本計画」を策定し、同計画に基づき検討してきました。
 しかしながら、その後の市民アンケートで山車会館などの既存施設の活用を求める意見があったことや、市役所内で市全体の施設整備等を検証した結果、佐原中央図書館等の大規模改修や(仮称)総合福祉センターなど新たに施設整備を必要とする事業があったことから、導入施設を再度検証し、今年度に基本計画を見直すこととしました。基本的な方向性としては、公共・公益施設などの生活サービスを中心市街地に集積し、子どもから高齢者まで全ての世代の人々が集う市民交流活動の拠点施設となることを目的としています。
 施設の内容としては、「観光・物産情報コーナー」「(仮称)総合福祉センター」「図書館」「公民館」などの機能を持つ複合施設を予定しています。
 今後、複合施設の整備にあたり、市民の皆様から施設の機能や規模などについてご意見等をいただきながら、平成28年3月までに基本計画を作成し、設計・建築工事を進め、平成32年4月開館を目指しています。
 なお、ご意見をいただいた市営駐車場の件は、施設利用者用の一定規模の駐車場は設置予定ですが、それ以上の駐車場は想定していません。
 また、映画館やスパ施設については、今後の検討課題とさせていただきます。
(担当課:企画政策課)

No.05 バス停の安全対策について(平成27年10月)

内容  先日、高速バスの小見川バス停(佐原経由側)下りで下車しようとしたところ、縁石に足をとられ転倒してしまいました。明るい時は何の気も掛けずに利用していましたが、周囲が暗くなると危険であると思います。現場を一度見て、工夫をお願いします。

(男性/70代)

回答

 今回の件につきまして、運行業者である千葉交通に状況を確認したところ、バス停の位置については、周辺の建物の状況から、既存の場所からの変更は難しいとの回答でした。しかし、道路交通状況にもよりますが、停車場所を前後させ、縁石の低い部分で乗降を行うことは可能かと思われます。
 千葉交通と協議し、可能な範囲で縁石の位置を考慮して停車するよう、運転手に周知していただけることとなりました。
 ご不便をおかけして申し訳ありませんが、今後ともより使いやすい公共交通となるよう、運行業者と調整していきたいと思いますので、ご理解くださるようお願いいたします。
(担当課:企画政策課)

このページの作成担当

総務企画部 秘書広報課 広報広聴班
〒287-8501 千葉県香取市佐原ロ2127番地 (市役所4階)
電話:0478-50-1204 ファクス:0478-54-7140

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

香取市役所

市役所・支所のご案内

〒287-8501 千葉県香取市佐原ロ2127番地 電話:0478-54-1111(代表)
開庁時間:月曜~金曜 午前8時30分~午後5時15分(祝日・年末年始を除く)
Copyright (C) Katori City. All Rights Reserved.
フッターここまでページの先頭へ