このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
香取市
  • 暮らし 手続き
  • 子育て 教育
  • 健康 福祉
  • 文化 スポーツ
  • 農業 産業
  • 市政
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • サイトマップ
サイトメニューここまで

本文ここから

平成27年度 建設・上下水道

更新日:2016年2月1日

5.建設・上下水道(道路、上下水道、市街地整備、公園、河川など)

No.01 本宿耕地用水路の復旧について(平成27年6月)

内容  本宿耕地幹線道路脇排水路が、東日本大震災の影響で崩れています。住宅など生活基盤の復旧を最優先で行うことは理解しますが、農業振興の市として、水田稲作事業も重要なものであると思います。本宿地区の排水路の復旧を耕地所有者が負担することは、今後の稲作営農に影響を与え、離農する農家が増え、農業振興に影響を及ぼすのではないかと思います。
(男性/60代)
回答  東日本大震災の災害復旧事業については、被害が甚大であったことから、市が事業主体となり、国・県の補助を受け、復旧事業を行ったところです。
 市としましても、この箇所は、延長が長く被害額も大きいと想定されたため、国・県の補助事業として実施しようと考え、関係する本宿耕地組合と協議を行いました。
 その際、耕地組合からの回答として、当時、この地区で開発計画があり、災害の国庫補助を受けると、その開発事業ができなくなるため、「市単独事業で復旧してもらいたい。また、市単独事業での復旧が困難な場合は現状のままとし、今後の開発計画にあわせて検討したい」とのことでした。
 市の単独事業では実施することができなかったため、地元の意向に沿って、復旧を行うことなく現在に至っています。
 以上のように、地元からの要望によって災害復旧事業を行わなかったという事情がありますので、地元でよく話し合い、対応していただきたいと思います。
 なお、農政課では、地元の耕地組合等が実施する事業に対して補助する「小規模土地改良事業」がありますので、ご検討をお願いします。
(担当課:農政課)

No.02 津宮地先の道路と危険家屋について(平成27年6月)

内容  香取駅前の道路事情について、今、自宅へは救急車や消防車が入れなくなってしまう可能性が高くなり、近所の人達と心配しています。また古くなった家屋もあり、台風などの風の強い日に屋根や窓ガラスが割れて子どもたちが危険な目に合わないか心配です。
(女性/40代)
回答  現地確認を行ったところ、ご指摘の箇所は市道に面した地権者の方がブロック塀を設置することにより市道への進入が困難になってしまうためと認識しました。
 改善策としましては、道路の拡幅工事を実施することで解消されると考えられますが、拡幅工事の実施には、隣接する地権者の同意が必要となります。そのため、市で行う拡幅工事については、地元の区長さんに働きかけをしていただき、隣接地権者の方の用地協力が得られた上で実施をしています。当該箇所ついても、まずは、区長さんを通じ地区として要望していただきたいと思います。
 また、併せて近所に使用されてない建物があることを確認しました。瓦の落下やガラスの割れ等は見られませんでしたが、下屋部分の波板が飛散している状態でした。
 今後、市では建物所有者の方に適正な管理のお願いをしていきます。
(担当課:道路河川管理課、都市整備課)

No.03 国道356号バイパスの修理について(平成27年7月)

内容  自宅が国道356号バイパス脇にあり、震災で道路が破損し大型車が通過するたびに振動が伝わってきて夜中によく目が覚めます。
 仮修理など対策できませんでしょうか。
(男性/50代)
回答  国道356号線バイパスを通過する大型車の影響により母屋へ振動が生じることについて、道路を管理する千葉県香取土木事務所へ対応をお願いしました。
 対応としましては、舗装工事を実施することで振動の軽減を図りたいとの事でした。詳細については、香取土木事務所維持課へご確認をお願いいたします。
(担当課:道路河川管理課)

No.04 小野川のプレジャーボートの係留について(平成27年7月)

内容  佐原の大祭を見物した際に小野川にプレジャーボートが係留してあり、観光遊覧船の運行に支障をきたしていました。増水時の防災上や観光的景観上、問題があると考えていましたが、このような小野川流域の個人ボートの係留は許可されているものなのか。
(男性/50代)
回答  小野川に係留されている船舶については、河川法により千葉県の管轄となりますので、今回のプレジャーボートの係留については、香取土木事務所にお伝えします。

No.05 電線の地中化・無電柱化について(平成27年10月)

内容  小見川・山田・栗源・佐原(市役所周辺)以外の所で電線の地中化・無電柱化する予定はありますか。

(男性/30代)

回答  市道については、佐原の歴史的町並みの範囲において電線地中化を予定しています。このうち、伊能忠敬旧宅跡付近からJR成田線鉄橋までの小野川両岸は工事が完了し、この他に下新町地区付近で工事を実施する予定です。

 県道や国道は、市の管轄する道路ではないため、詳細についてはわかりませんが、県が管理している県道佐原山田線(通称「香取街道」)の佐原の歴史的町並みの範囲で電線地中化を予定していると聞いています。
(担当課:道路河川管理課、都市整備課)

No.06 黒部川の浚渫泥の堆積について(平成28年2月)

内容

 小見川海洋センター前に黒部川の浚渫泥が放置されています。先日、小学生が泥の上に落ちたサッカーボールを拾おうとしていました。泥の深さは1.5メートルあり、小学生が落ちたら底なし沼状態で重大な事故になると思い、ぞっとしました。早急に立ち入りできないような安全対策を行うべきと思います。
(男性/60代)

回答

 今回、●●様よりいただいた黒部川の浚渫工事に伴う小見川海洋センター前の浚渫泥の安全対策に関するご意見につきましては、工事を行っている千葉県香取土木事務所にお伝えし、早急な安全対策の強化をお願いいたしました。
(担当課:道路河川管理課)

No.07 通学路の整備について(平成28年3月)

内容

 添付した写真は●●地区からに向かう通学路の一部です。この場所は雨が降ると大きな水たまりになってしまいます。(写真は先日少し雨が降った時のもの)
 少子化ということもあるでしょうが、普段使用する通学路の整備を、よろしくお願いしたい。
(男性/50代)

回答

 市では、道路の修繕などの地区からの要望については、まず、地区要望として提出していただき、地区での優先順位や緊急性などを考慮し、事業の実施を決定しています。
 お手紙をいただき、●●地区から●●に向かう道路で、降雨時に水溜まりが出来てしまうため通行に支障が出てしまう状況について現状は把握いたしましたが、本件につきましても、お手数ですが地区からの要望事項として提出をお願いします。
(担当課:道路河川管理課)

No.08 市道の整備について(平成28年3月)

内容

 私の家は道路から約60メートル中に入っています。その道路は市道ですが舗装されておらず、雨水がうちの庭に入り、庭から隣の土地に流れるたび、地主に苦情を言われています。また、地主が土地を貸し出した時などは、土地を借りた人からも苦情を言われてしまいます。
 何年も区長を通じて舗装工事の要望をしていました。すると、この間、工事関係者の方が測量に来てくれたので今度こそ改善されると喜んでいたら、区長から、「工事待ちは他に300軒ある。それに優先度が高いものが入ったら後回しになる」と言われました。測量まで来たのに、300軒も控えていて、もっと遅くなるなんて、私たちが生きている時に解決は無理なのではないでしょうか? それとも材料は市からもらって工事の費用は自費とも…。
 どうして市道を個人負担、税金だってきちんと納めているのに、弱者はどうすればいいのですか? どうか舗装にしてください。
(男性/70代)

回答

 各地区から数多くのご要望をいただいている道路の修繕や整備については、緊急性、難易度、費用対効果などを考慮し、優先順位を決めて実施しています。
 今回、お手紙をいただいた市道の舗装整備に関しましては、工事の範囲や規模を把握するための簡易な測量、調査を行いましたが、現況は、道路境界がはっきりとしていません。
 そのため、今後、境界査定の実施や優先順位に関する事について、地区とご相談をさせていただきたいと思います。
(担当課:道路河川管理課)

No.09 道の整備と多面的機能支払交付金について(平成28年3月)

内容
(1)●●地区のことですが、住宅地の真ん中にある土地がボコボコと穴が開いていて、私の車がはまってしまいました。その土地は個人のものではないと聞いたため、市で整備していただきたい。

 
(2)住んでいる地区では水と緑の環境整備(正式名称は多面的機能支払交付金)をしていて、作業に出た方には日当が出ているが、●●地区ではこの活動をしていない。お金は入っていると思うが、代表は何も聞かされていないということです。
(女性/50代)

回答
(1)お手紙をいただいた箇所を調査したところ、個人の所有地であることが分かりました。市の事業として個人の所有地を整備することはできませんので、何卒ご理解をお願いいたします。

 
(2)●●様のお住まいの地区で取り組まれている水と緑の環境整備(正式名称は多面的機能支払交付金)は、地域の農業用排水路や農道などの農村環境を保全する活動に対して交付されます。現在、香取市内では68地区で活動組織が設立されていますが、●●地区では設立されていない状況です。
 なお、交付金は農業振興地域内の農用地の面積を基に算出されますが、当該地周辺は都市計画用途地域となっているため交付金の対象外となります。
(担当課:農政課、道路河川管理課)

このページの作成担当

総務企画部 秘書広報課 広報広聴班
〒287-8501 千葉県香取市佐原ロ2127番地 (市役所4階)
電話:0478-50-1204 ファクス:0478-54-7140

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

香取市役所

市役所・支所のご案内

〒287-8501 千葉県香取市佐原ロ2127番地 電話:0478-54-1111(代表)
開庁時間:月曜~金曜 午前8時30分~午後5時15分(祝日・年末年始を除く)
Copyright (C) Katori City. All Rights Reserved.
フッターここまでページの先頭へ