このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
香取市
  • 暮らし 手続き
  • 子育て 教育
  • 健康 福祉
  • 文化 スポーツ
  • 農業 産業
  • 市政
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • サイトマップ
サイトメニューここまで

本文ここから

平成26年度 教育・文化

更新日:2016年2月1日

3.教育・文化(学校教育、生涯学習、スポーツ、文化・芸術など)

No.01 市民講座の料金について(平成26年4月)

内容  市民講座を受講する際、申込金と、講座内容による別途負担金を後日支払っています。経費の関係でしょうが、市民税も支払い、申込金も支払ったうえ、さらに負担を求めるのはいかがなものでしょうか。
 上の関連で、例えば東京都などでは70歳以上は無料としている講座が見受けられます。年齢には条件を付けられないものでしょうか。
(男性/70代)
回答  平素より公民館主催講座にご参加いただきまして、誠にありがとうございます。
 ご指摘のありました別途負担金につきましては、主に移動研修時に使用しますバスの有料道路代、駐車料金のほか研修場所によっては入館料が発生する場合があることから、参加される方を対象にその都度ご負担をいただいております。
 今年度につきましては、すでに講座等の申し込みが開始されておりますので、ひとまず従前のスタイルで実施をさせていただき、次年度以降、受講生の皆様のご意見等を伺いながら対応を図ってまいります。
 また、講座等における自己負担につきましては、受益と負担の公平性を確保する上で、受講生の年齢に関係なく、必要最小限の負担をお願いするものでありますので、ご理解をよろしくお願いいたします。
(担当課:生涯学習課)

No.02 学校給食の放射性物質検査について(平成26年4月)

内容  学校給食の放射性物質検査について2点要望があります。
1.毎回の検査結果に検出限界値をちゃんと表記してください。他の治体では必ず表記されています。香取市の現表記ですと国の基準100bq/kg以下がすべて不検出となっているので、仮に99bq/kg検出されていても不検出となり誤解を招きます。どのくらいの精度まで測っての結果なのかが分かるように表記願います。
2.牛乳についても毎回検査を実施して情報を公開してください。毎日飲む牛乳こそ定期的な検査が必要です。搾乳条件は日々異なるでしょうから、検査結果もその時々で異なるはずです。毎回の検査品目に必ず入れてください。
 以上、安心して子供に給食を食べさせられるような環境作りをこれからもよろしくお願いします。
(男性/40代)
回答  学校給食については、安心して食べていただけるよう給食用食材の産地表示を行っておりますが、保護者の方々に、より一層安心していただくために給食用食材の放射性物質の自主検査を実施しております。
 ご要望のありました検出限界値の表記ですが、現在使用している検査装置の検出限界値は10bq/kg以下となっており、現在まで検査したものは全て不検出(10bq/kg以下)となっております。今後は誤解を与えないよう検査結果と併せて検出限界値についても表記させていただきます。
 次に検査対象食材ですが、生産・出荷、流通段階で実施されている検査体制を踏まえ、主に野菜類、肉類の自主検査を行っております。現在流通している食材は安全な範囲のものとなっております。あくまでも自主検査でございますので、ご要望のとおり毎回実施することはできませんが、今後は牛乳も検査対象といたします。
 なお、千葉県の牛乳については原子力災害特別措置法に基づく出荷制限の対象となっておりません。また、給食に提供される牛乳は全て千葉県産となっており、千葉県において原乳の検査を実施しております。
 今後とも学校給食に対するご理解とご協力をお願いいたします。
(担当課:学校教育課)

No.03 フットサル施設の整備について(平成26年5月)

内容  香取市にはバスケ、テニス等のスポーツ施設はたくさんありますが、フットサルコートという施設がないことに気付きました。
 近年サッカー人口は増加しているのでフットサルコートを作ってほしいです。過去の市長への手紙の回答で黒部運動公園にフットサルに適した野外コートがあるという事でしたが、実際に確認しに行ったところイメージと大分かけ離れていました。普通のフットサルコートの4分の1の広さしかありません。
(男性/20代)
回答  市では、生涯スポーツ推進計画に沿ったスポーツの普及及び発展を目指し、子どもから高齢者が気軽にスポーツを楽しむことができる環境づくりを推進しているところです。
 ご指摘のとおり、くろべ運動公園のフットサルコートは狭く、大会などで適用される正式なフットサルコートといえる施設ではありません。しかし、市内でフットサルの練習が可能な場所としては、くろべ運動公園の野外コートのみです。
 スポーツ施設の整備に関しては、生涯スポーツ推進計画に基づき、まずは老朽化した既存施設の改修と高齢者や障害のある方が利用しやすい施設環境の整備を進めているところです。
 また、多種多様なスポーツ施設の要望も多くあることから、すべての要望に応えることは難しいのが現状であり、サッカー人口が増加していることは認識しておりますが、市ではフットサルコートの整備計画はございません。
 今後、各スポーツ施設の効果的な活用方法を検討する中で、課題の一つとして受け止め、社会情勢等の変化などで計画の見直しが必要となる時期に各種スポーツ活動の動向を見ながら検討することとしますのでご理解願います。
(担当課:生涯学習課)

No.04 シニア向け体操教室について(平成26年5月)

内容  シニア(65歳以上)向け体操教室を市主催で開いてもらえないでしょうか。いぶき館、少年自然の家等でお願いします。エアロビクス、ズンバ、ストレッチ、ジャズダンス等、生きがいのある生活を送りたいしメタボの予防にもなります。
(女性/70代)
回答  市では、市民のだれもがスポーツに親しみ生涯にわたってスポーツの楽しさを体験できるスポーツの普及・啓発に努めております。
 7・8月には、小見川市民センター「いぶき館」で、「シニアお達者体操教室」が、小見川海洋センターでは、「水中エクササイズ教室」が開催されます。なお、教室の募集や参加申込方法につきましては、「広報かとり」でお知らせいたしますのでご検討ください。
 9・10月には、香取市民体育館で、一般の方を対象にヨガ教室・フォークダンス教室・ボクササイズ教室が開催されます。
 また、65歳以上の市民を対象としました「転倒骨折予防教室」も行っております。
 これらの教室は、だれでも気軽に参加できる教室として実施いたしますので是非ご参加いただきたいと思います。
(担当課:生涯学習課、高齢者福祉課)

No.05 市民教室の対象者について(平成26年6月)

内容  佐原中央公民館の歌声入門教室は対象が成人女性のみとなっていますが、男性も受講できるようにしてください。私同様、声楽プロからの指導を願っている男性はいると思います。来年度からは男女差別なく参加できるようお願いします。
(男性/60代)
回答  平成26年度公民館主催事業の講座・教室として、佐原中央公民館では、男女を問わず生涯学習における学びの場、交流の場を設けることを目的とした3講座5教室があります。その1つに「歌声入門教室」があり、今年度で9年目を迎える継続した人気のある教室です。
 昨年度より、男性と女性の声域の違いから、男性の指導はできないという女性講師の意向によって、成人女性のみを対象とさせていただいています。次年度以降につきましては、皆様のご意見等を参考に、男女共参加できる歌声教室を検討してまいります。
 なお、男性参加型の自主サークルグループとして「佐原混声合唱団」、「うたごえ千の会」という2団体が、入門教室を3年受講した方によってそれぞれ活動されていますのでお知らせいたします。どちらも随時参加可能ですので、ご希望の場合は佐原中央公民館(電話:55‐1151)へお問い合わせください。
 公民館では市民の皆様からのご意見、ご要望を傾聴し、更により良い講座・教室を開催したいと考えておりますので、今後ともご理解、ご協力をいただきますようお願い申し上げます。
(担当課:生涯学習課)

No.06 体育館等のバリアフリー化について(平成26年10月)

内容  香取市内で、車いすの利用できる体育館が香取市民体育館のみで困っています。障害があり車いすを利用しているのですが、車いすで使うことができる多目的トイレやハンディキャップ駐車スペースなどあるのは個人で調べた限りでは、香取市体育館のみなので、他で利用できる体育館があれば教えていただきたいです。そして、他の公共施設が利用できるように施設のバリアフリー化や、職員の方々に協力していただきたいと思います。
 また、香取市民体育館では土日利用は市の行事等が一般利用より当然のごとく優先されていて、平日以外の利用がままならないことや、利用料金がかかることで、社会参加ならびに健康増進の機会が少なくなることで困っていますので、配慮をお願いします。
(男性/30代)
回答  市では、生涯スポーツ推進計画に沿ったスポーツの普及・発展を目指し、子どもから高齢者・障がいのある人が気軽にスポーツを楽しむことができる環境づくりを推進しているところです。
 現在、車いすで使用できる多目的トイレやハンディキャップ駐車スペースがある施設は、「香取市民体育館」と「小見川スポーツ・コミュニティセンター」があります。他のスポーツ施設については、今後基盤整備を進めるなかで環境を整えていくよう検討してまいります。
 このように、車いすでのスポーツ活動の場が限られるなか、例年「香取市民体育館」の土曜・日曜日の約6割が各種市民大会や小中学校関係の各種大会で使用されております。これらの各種大会は普段のスポーツ活動の発表の場として行われているものであり、市民スポーツのさらなる普及・発展さらに競技力の向上を目指すものと考えておりますのでご理解ください。
 また、使用料のご負担については、使用料の見直しに伴い、施設を利用する人と利用しない人の均衡を考慮しながら負担の公平性を確保するため統一した減免基準を定めた結果です。
 ●●様の活動については、香取市の基本計画の施策「スポーツ活動」の中の方針である「豊かなスポーツライフの実現」のために高齢者や障がいのある人のスポーツの推進を図ることに該当し、市の認めた団体が市の施策に沿った活動のために使用するとき使用料の100分の50減額の適用対象と認識しております。
 市の安定した施設運営と負担の公平性の確保の観点から、何とぞご理解いただきたくお願いいたします。
(担当課:生涯学習課)

No.07 幼保連携型認定こども園整備について(平成26年10月)

内容  私は毎朝小、中学生の登校時間に旧小見川文化会館前の交差点で交通指導をしています。
 旧文化会館を壊して幼稚園等が出来る予定とのことですが、近隣の住民からその区間だけ道幅を広げてもらいたいという声が多いので、検討をお願いします。
(男性/70代)
回答  平素は、子どもたちの安全確保にご尽力いただきありがとうございます。
 市及び教育委員会では、小学校就学前の子どもの保育及び教育に関する多様なニーズに応えるため、小見川幼稚園と小見川中央保育所を統合した幼保連携型認定こども園を、旧小見川文化会館跡地に整備することとしています。
 市といたしましても、ご指摘の市道が狭隘であることは認識しており、こども園整備の際、建物の位置を既設道路から離して配置することにより、こども園敷地内に敷地内通路を設けることを予定しています。登園や降園の際の安全のために整備するもので、敷地内通路と称していますが、一般的な歩道と同じように利用できるよう計画しますので、小学生や中学生の登下校の他、近隣の皆様にも今より安全にご通行いただけます。
 こども園ができますと賑やかになりますが、地域の皆様には今後とも子どもたちの成長を温かくお見守りいただきたく、よろしくお願い申し上げます。
(担当課:教育総務課、子育て支援課、道路河川管理課)

No.08 学校施設の開放時間について(平成27年3月)

内容  学校の体育館を施設開放で利用させて頂いております。
 利用時間ですが、21時30分までなのですが、仕事が終わってからとなると早くても20時30分過ぎにメンバーが集まる状況で時間が足りません。
 近隣にお住まいの方の迷惑になるのは問題だと思いますので、周りに家の無い学校に関しては、遅くまでの使用を可能にしてほしいです。よろしくおねがいします。
(男性/30代)
回答  学校は、児童生徒の教育を行うという特定の目的を持つ施設として、設置目的に合致した運用がなされなければなりません。
 一方、学校施設は、学校教育法・社会教育法・スポーツ基本法で、「学校教育上支障のない限り」社会教育や社会体育のために利用することができる、利用に供するよう努めなければならないとあります。教育委員会や学校長は、この規定を考慮しながら、設置目的にかなった利用・管理のため、一般の方々に学校施設を開放するに当たっての使用許可の諾否を判断しています。
 夜間の利用時間についても、その諾否の制約の検討要件になります。夜遅くまでの利用は、車の往来や人の行き来を伴うことも考えますと、その影響は必ずしも近隣の民家だけにとどまるものとは言えず、また周囲に民家がないことがかえって防犯上の危険につながることも懸念されます。従いまして、学校施設開放事業を適正に運営するため、規則により夜間利用を午後9時30分(清掃等含む)としておりますので、ご理解くださるようお願いいたします。
(担当課:学校教育課)

No.09 学校医について(平成27年3月)

内容  学校医として委嘱している医師が行政処分を受けた場合の扱いについて教えてください。
(女性/30代)
回答  学校医・学校歯科医・学校薬剤師は、香取市小学校及び中学校管理規則第6条により、香取市教育委員会が委嘱しています。
 学校医・学校歯科医・学校薬剤師は、地方公務員法第3条第3項により特別職職員となりますので、行政処分を受けた場合は、その内容により適切な対応をしていきたいと考えています。
(担当課:学校教育課)

このページの作成担当

総務企画部 秘書広報課 広報広聴班
〒287-8501 千葉県香取市佐原ロ2127番地 (市役所4階)
電話:0478-50-1204 ファクス:0478-54-7140

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

香取市役所

市役所・支所のご案内

〒287-8501 千葉県香取市佐原ロ2127番地 電話:0478-54-1111(代表)
開庁時間:月曜~金曜 午前8時30分~午後5時15分(祝日・年末年始を除く)
Copyright (C) Katori City. All Rights Reserved.
フッターここまでページの先頭へ