このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
香取市
  • 暮らし 手続き
  • 子育て 教育
  • 健康 福祉
  • 文化 スポーツ
  • 農業 産業
  • 市政
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • サイトマップ
サイトメニューここまで

本文ここから

平成24年度 建設・上下水道

更新日:2016年3月30日

5.建設・上下水道(道路、上下水道、市街地整備、公園、河川など)

No.01 排水溝の改修工事の要望について(平成24年4月)

内容  ●●●町内会と申します。町内の市道の排水のことで町内を代表して陳情いたします。長年の使用で排水溝の流れが悪く、一部では勾配がなく流れず排水の出来ないお宅も有ります。早急の対応をお願いいたします。尚排水の溝の上に蓋もなく、子供達が落ちる可能性もありますので対応をお願いいたします。

(男性/50代)

回答

 市民の皆様からの道路工事等の要望につきましては「地区要望制度」を取り入れて実施しております。これは、自治会ごとに要望事項を取りまとめていただき、その中から、優先順位や地域バランスを考慮して工事等を実施していくものです。
 平成23年度の地区要望書を確認したところ、●●●町内会長さんから要望が上がっておりませんでした。今年度は、是非、町内会長さんと相談のうえ、市民活動推進課へ要望書の提出をお願いいたします。
 ただし、道路の陥没破損等の通行上危険な個所につきましては、その都度対応しておりますので、電話等のご連絡で結構です。
 ご要望の箇所につきまして、現地の確認をおこないました。側溝が古く蓋の無い箇所もありますので、町内会の入口部分については、安全面から応急的な蓋の設置について検討をいたします。
 なお、地区からの道路工事等に係る要望事項は非常に多く1000件を超えている状況です。また、東日本大震災の復旧工事を優先しておりますので、なかなか要望の実施ができない状況です。このようなことから、たいへん申し訳ありませんが、要望をされても期間を要することが予想されますのでご了承をお願いします。
(担当課:道路河川管理課)

No.02 小見川東小学校前の道路の歩道の設置等について(平成24年5月)

内容  小見川東小学校前の道路についてですが、阿玉川浄水場近くの信号~阿玉川青年館前の信号までの間は、歩道もなく道幅も狭い上、国道356の抜け道となっている為、交通量もかなりあります。通学時間帯は朝のみスクールゾーンとなるものの通勤と重なる為か、急いでいる車が通り抜けてしまうことも少なくありません。下校時間は特に車両の通行制限もなく、夕方以降は街灯も少ない状況です。車で通るとわかりますが、対向車とかわすのがギリギリな位の道幅で非常に危険です。悲惨な事故が起きてからでは取り返しがつかなくなってしまいます。歩道設置が厳しいのならば、小学校への安全な歩行者専用別ルートを設けるべきです。未来ある子供達の為にも、早急な対応を期待いたします。

(男性/30代)

回答

 1.歩道の整備について
 小見川東小学校前の市道1-43号線につきましては、通学路であり、地元の東地区道路愛護会からも通学児童の安全対策に関して強く要望をいただいているところです。
 歩行者の安全を確保するには、通常の歩道設置や、歩行者専用道路の設置ということが、大変有効な手段と思われます。
 実際の事業実施に至るまでには、整備に必要となる用地の確保や整備費用の捻出、関係する方々にご協力をいただくなどの課題も多々ありますが、痛ましい交通事故の発生が続いている現状からは、他の道路も含め、交通安全施設による安全措置や場所によっては歩道施設の整備計画も検討する必要があると考えられます。
 なお、この路線の中でもとりわけ道路幅員が狭小な玉川を横断している箇所については、地元からの要望内容に沿った歩道橋の設置を計画しており、整備に向けた関係機関との協議を間もなく行う予定でおります。
 まずは出来るところから安全対策を実施するということになりますが、早期の工事着手を目指し努力してまいりたいと考えております。
 2.通行規制及び取締り等について
 小見川東小学校前の市道1-43号線については、現在スクールゾーンとして朝の通学時間の車両の通行を規制している状況ですが、夕方の時間帯の通行規制はありません。通行規制すると生活道路として利用する地域の方々に不便を強いてしまうことから、地域住民の理解と協力が必要となります。地域住民すべての方の了解が得られれば、通行規制することができます。
 児童を交通事故から守るため、朝や夕方の登下校時間に、地域の防犯パトロール隊や地域総ぐるみ街頭指導の方々が見守り活動を続けています。
 市では、今後もこのような地域のボランティア活動が継続できるよう、活動に必要な備品の貸出を続け、さらに、通行規制を守らない車両の運転者に対しては、厳しい取締りをしていただくよう香取警察署へ要望いたします。
 3.小学生への安全指導について
 小学生の交通安全指導につきましては、毎年、全小学校で交通安全教室を開催し、新入生の歩行指導や自転車の乗り方指導等を行うとともに、日常の学級指導等でも随時交通安全指導を行っております。
 また、地域やPTAの方のご協力を得て、児童の交通安全について見守っていただいているとともに、教職員も随時、街頭指導や学区巡視を実施しております。
 さらに、危険箇所マップ等を作成・掲示し、学区の実態に留意して指導をし、交通事故防止に努めているところです。
(担当課:道路河川管理課、環境安全課、学校教育課)

No.03 国道・県道への「香取市」の看板設置について(平成24年5月)

内容  県道成田・小見川・鹿島港線の神栖市から旧小見川町に来る息栖大橋の車線側に「香取市」と標識がありません。早くつけてください。

 また、国道51号の香取市と成田市の境にも「香取市」の表示がありませんので、お願いします。
(男性/30代)

回答

 香取市と他市町との境を示す表示看板を設置することについて、道路を通行するうえで必要な施設設置に関する意見として受け止めております。
 県道成田小見川鹿島港線の茨城県神栖市との行政境については、道路を管理している千葉県香取土木事務所に対して、表示板を設置していただきたい旨を要望する予定です。
 国道51号の香取市と成田市との境については、現地を確認したところ、設置されていることが確認できました。
 市といたしましては、道路の通行に関する利便性の向上について、市民の皆様のご意見をもとに、常に目指しているところでございます。
(担当課:総務課)

No.04 大型車両に対する交通対策について(平成24年7月)

内容  伊地山にバイパス道路ができ、今まで東総有料道路を通行していたダンプ、トラック、大型トレーラーなどが騒音と地響きを立てながら昼夜を問わず走行しています。早急に対処してくださるようお願いします。

(男性)

回答

 ご自宅前の道路(市道1-10号線)は、伊地山クリーンセンターへの利便性の確保や、福田地区から九美上地区までの道路交通網の整備として計画されました。
 道路整備につきましては、道路構造の一般的な基準を定めた「道路構造令」に基づき、千葉県公安委員会と協議しながら道路改良工事を行ったところです。
 大型車の通行を規制することについては、道路との関係で通行する車両の幅や重量、高さ等を制限する政令「車両制限令(幅員規制)」では、当該道路は幅員が確保されていることから難しい状況です。
 今後、関係地区と協議しながら、注意看板等の設置などの検討をしてまいりたいと考えます。
(担当課:道路河川管理課)

No.05 側溝等の清掃について(平成24年8月)

内容  自宅前の側溝の排水が悪くて、水がたまった状態なので、排水をよくしてもらいたい。

 市街地は業者が来て清掃しているのを見ると、何となく差別されているよう感じます。
(男性/60代)

回答

 市道の側溝や地区内水路等に堆積した土砂の撤去・清掃につきましては、これまで地域住民の皆様方のご協力をいただきながら実施してきているところです。
 また、生活道路に関しましては、身近な地域内の交通安全ということから、個人ボランティアの方々や道路愛護団体、区が主体となって、草刈りやごみ拾いなどの道路美化活動を実施いただいております。
 なお、側溝清掃にあっては、市街地かその周辺となる地域かに関わらず、幹線道路で交通量が多く危険と思われる場所や、排水施設の状況から住民の方々で実施することが困難と判断される場所を除き、地元と市が、それぞれ役割を担う協働事業として行っております。
 今後につきましても、地元との連携を図りながら、道路清掃活動を推進してまいりたいと考えておりますので、ご理解ご協力をお願いします。
(担当課:道路河川管理課)

No.06 橋替から玉造に通じる道路について(平成24年8月)

内容  平成22年より数回にわたって橋替から玉造に通じる道路の件で市長宛てにお手紙を書いております。不必要な道路ならば、即コンクリート舗装された部分の撤去をお願い致します。市で撤去できないのなら、私どもで撤去いたします。そして、その費用の全額をご負担ください。まずは、市で撤去するのか、私どもでするのか至急ご返事ください。

(女性/60代)

回答

 お手紙をいただいた道路については、高台に位置する橋替団地からその下の玉造町内を結ぶ階段通路であり、生活道路として、橋替団地住民にとって、なくてはならない道路として考えております。
 よって、本市では、この生活道路である階段通路を撤去することはできませんので、何卒ご理解をいただけますようお願い申し上げます。
(担当課:道路河川管理課)

No.07 小野川護岸工事の説明会での質問や要望に対する回答について (平成24年9月)

内容  市への質問や要望(県への質問や要望も含む)に対する回答をもらえる機会を設定してもらいたい。たとえば、次回の「小野川北賑橋下流部災害復旧工事に係る説明会」など。

(男性/50代)

回答

 9月2日(日曜日)に開催された「小野川北賑橋下流部災害復旧工事に係る説明会」において、この災害復旧工事などについて、下川岸町内会や船戸町内会の皆様から、香取土木事務所や市へ質問や要望がありましたが、その場で回答ができなかったものがありましたので、次回の「小野川北賑橋下流部災害復旧工事に係る説明会」においてその回答をいたしたいと考えておりますので、何卒ご理解をいただけますようお願い申し上げます。
(担当課:道路河川管理課)

No.8 蓋付き側溝の設置について(平成25年1月)

内容

 下小川安産神社の脇の道路は排水溝に蓋がありません。道幅も狭く、通学路には危険であるので、整備を希望します。
(女性/70代)

回答

 お手紙からは、下小川安産神社の西側を通る市道4041号線について、ここを通学に利用している生徒達の交通安全を大変ご心配されての整備要望であると、受け止めさせていただきました。
 通学路の安全対策に関しては、学校関係者を交えた合同による現地確認や道路愛護会による現地視察を通じて危険箇所の把握に努めているところです。
 この中から、軽易な手法で出来るものか、周辺関係者のご協力や予算措置などを含めた計画的な整備が必要なものかを見極めて、実施可能な場所から対策を施しております。
 現在、通学路の整備としましては、学校に近接し、児童や生徒の通行が多く集中する危険箇所の安全対策を優先しております。
 ご要望をいただいた市道4041号線脇の水路は、何度か整備候補としても挙げられておりますが、「平成21年度地区要望」において区長さんにご回答させていただきましたように、「土地改良区管理の用水路であり、維持管理面から蓋付側溝にすることが適切かどうかの判断が難しい」との理由もあり、現在のところ整備するまでには至っておりません。
 このため、この水路の取扱いについては、管理者となる土地改良区と協議していきたいと考えます。
 なお、各地区からは、毎年数多くの道路整備等に関するご要望をいただいております。
 整備を行うにあたっては、実際の道路利用状況や地区内における公共事業の実施状況、各地区間のバランス等を見ながら緊急性や容易性、投資効果等を考慮に入れ、場合によっては地元区長さんとも協議させていただき優先順位を決定しております。
 今後も、ご意見やご要望の内容を念頭に置きながら、限られた予算の中で効率的に道路整備を進めてまいりたいと考えております。
(担当課:道路河川管理課)

No.9 あやめ橋付近の災害復旧工事について(平成25年1月)

内容

 十間川のあやめ橋の国道側へ、緊急的に折り曲げて設置したガードレールを災害復旧工事等の際に見映えよく更新してほしい。小野川沿いは景観に配慮し、護岸や電柱、ガードレール等を茶色にしているので同様に配慮してほしい。
 あやめ橋から看護学校方面にかけて、下水道の災害復旧工事で仮復旧の舗装が不十分で粉じんがひどいので、しっかり舗装をお願いしたい。
(男性/30代)

回答

 1 あやめ橋に設置してあるガードレールの更新等について
 あやめ橋に設置してあるガードレールについてですが、道路の形状から応急的に折り曲げて設置してあります。しかしながら、十間川は桜の季節を始めとして市民に愛されている広場でありますので、これから予定している地震による橋の修繕の時に検討したいと思います。
 なお、小野川沿いは、国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されており、その周辺区域は景観形成地区として指定されています。そのため、住民を中心とした街づくりが行われており、県・市・市民が一体となり景観整備を行っている区域となっております。
(担当課:道路河川管理課)
 2 下水道災害復旧工事の仮復旧舗装が不十分とのご指摘について
 ご指摘のありました下水道工事による掘削部分については、仮復旧舗装が不十分になっておりました。
 このため、工事施工会社に手直しの指示をし、ご指摘の区間の舗装復旧は2月9日(土曜日)までに行いました。
 今後は、適切な現場管理を行うよう、各工事施工会社に対し指導をしてまいります。
 下水道災害復旧工事にあたり、皆様にはご不便、ご迷惑をおかけしておりますが、もうしばらくの間、ご理解ご協力をお願いします。
(担当課:下水道課)

No.10 橋の段差すり付けについて(平成25年2月)

内容

 水郷町公民館から市役所方面に向かう道路にある橋について、車や自転車で市役所方面から水郷大橋方面へ走行すると段差があり、車への衝撃や転倒の危険性がある。舗装のすり付けをしてほしい。
(男性/30代)

回答

 ご指摘のありました橋の段差についてですが、既に把握しており、下水道工事を施工している業者へ、すり付け依頼をしておりました箇所です。
 復旧工事の舗装復旧にあわせ、すり付け舗装を実施いたしました。
(担当課:道路河川管理課)

No.11 通行時の樹木の枝について(平成25年2月)

内容

 夜間通行する際に、枝が目線の高さにあり、目に刺さりそうで危険性があります。定期的に安全点検をしてほしい。
(男性/30代)

回答

 十間川、ヤックス及び多田屋裏の樹木につきましては、都市整備課で管理しております。
 ご指摘いただいた樹木の枝については早急に現地確認し、対応したいと考えておりますのでご了承ください。
 また、今後も定期的な点検を実施して参りたいと思いますが、何かお気づきの点がございましたらご意見いただければと思います。
(担当課:都市整備課)

No.12 市営住宅の間の公園について(平成25年2月)

内容

 震災後2年経過するが、市営住宅の間の公園は、滑り台等、まだ復旧されていない。子どもの成長は早いので仮復旧している下水道や水道、舗装の災害復旧工事より優先的に実施してはどうか。
(男性/30代)

回答

 市営住宅の間の公園は、都市整備課で管理しております。
 対象となっているすべり台は、現在施工中の粉名口団地の災害復旧工事の施工箇所に位置していることから、復旧工事に合わせて撤去を行いました。
 再設置につきましては、災害復旧工事完了後に検討予定です。
(担当課:都市整備課)

No.13 災害復旧工事における施工管理について(平成25年2月)

内容

 下水道管と家庭からの管をつなぐ工事を市の受注した業者が施工したが、埋戻しの施工が悪く、庭の一部が陥没したため、埋戻し締固め管理をしっかり監督してほしい。
(男性/30代)

回答

 ご指摘のありました下水道工事による家庭内の掘削部分について、工事施工会社への聞き取り調査から埋戻し締固めが不十分になっていたことを確認しました。
 現地については、●●様とのお話合いのうえ沈下箇所の補修をしたことを確認しました。また、靴が汚れてしまったことや柵に泥がついてしまったまま放置してしまい、申し訳ありませんでした。
 今後、この様なことが無いよう、工事施工会社には適切な現場管理及び施工管理の徹底を指導しました。
 下水道災害復旧工事にあたり、皆様にはご不便、ご迷惑をおかけしておりますが、もうしばらくの間、ご理解ご協力をお願いします。
(担当課:下水道課)

No.14 小野川沿いの電線地中化について(平成25年2月)

内容

 SL運行を楽しませていただき、佐原を初めて訪れました。駅舎は立派でしたが、街中はシャッター通りが多く、寂れた感じがしました。観光遺産もあり、もったいないので、せめて川沿いのJRの橋までは、地中化すべきかなと思います。
(男性/60代)

回答

 この度は佐原の町並みにお越し頂きありがとうございます。44年ぶりのSL運行はご堪能いただけたでしょうか。
 さて、ご覧いただいた通り、小野川右岸についてはJR線路部分までの電線地中化が終了しております。ご指摘頂いた小野川左岸は、以前から電線地中化を進めており、東日本大震災により中断しておりましたが、本年度にようやく事業を再開し、工事を開始することになりました。
 工事区間は、香取街道(県道佐原山田線)の忠敬橋を起点にJR線路までの520mです。平成25年12月を目途に電線共同溝設備工事を完了し、平成26年度末までには工事区間の電柱を撤去する予定です。
 電線地中化が完了しますと小野川沿いの景観が格段に向上いたしますので、またのお越しを心よりお待ちいたしております。
 また、電線地中化は小野川沿い以外でも2箇所で計画しております。
 一つは,香取街道(県道佐原山田線)で、こちらは千葉県の施工予定となっております。
 もう一つは、小野川左岸上流部と市営町並み観光駐車場(旧伊能忠敬記念館駐車場)付近で計画しております。いずれも工事開始には今しばらくの期間を要しますが、地中化が完了しますと小野川沿いと同様に、より魅力的な町並みになると考えております。
(担当課:都市整備課)

No.15 (仮称)生きがい交流館の外周の利用について(平成25年3月)

内容

 (仮称)生きがい交流館の外周をサイクリングができるようにしてほしい。
(男性/70代)

回答

 (仮称)生きがい交流館の土地の外周は、橘ふれあい公園内にあたります。
 この公園につきましては、現在、千葉大学大学院にお願いし、基本計画及び基本設計の策定業務を進めているところです。
 策定業務を進めるにあたりましては、関係する団体や地元にお住いの方々のご意見を参考にしながら進めております。
 ご意見をいただいたサイクリング施設につきましても、貴重なご意見として承り、今後の策定業務の参考とさせて頂きます。
(担当課:都市整備課)

No.16 公園の新設について(平成25年3月)

内容

 小見川には、大きい公園が一つしかないので、小見川にもっと大きい公園を作って下さい。
(男性/10代)

回答

 はじめに、お手紙に「小見川には大きい公園が一つしかないので・・・」とありましたが、小見川地域には、「小見川河川敷運動公園(利根川河川敷)」と、「くろべ運動公園(小見川B&G周辺)」と、「小見川城山公園(小見川高校となり)」と大きな公園が3箇所あります。これらの公園に是非、行ってみてください。
 さて、「小見川にもっと大きい公園を作ってください。」とのご要望ですが、これから、新たな公園を建設することは、現在の地域社会の状況(人口減少など)を考えると非常に難しいかと思います。
 しかしながら、小見川地域では、桜の名所として有名な小見川城山公園について、公園としての充実を図るため、今後、再整備を検討していくこととしております。
 また、今ある他の公園についても安心して利用できるよう、公園施設の更新を進めていきますので、是非、ご利用ください。
(担当課:都市整備課)

このページの作成担当

総務企画部 秘書広報課 広報広聴班
〒287-8501 千葉県香取市佐原ロ2127番地 (市役所4階)
電話:0478-50-1204 ファクス:0478-54-7140

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

香取市役所

市役所・支所のご案内

〒287-8501 千葉県香取市佐原ロ2127番地 電話:0478-54-1111(代表)
開庁時間:月曜~金曜 午前8時30分~午後5時15分(祝日・年末年始を除く)
Copyright (C) Katori City. All Rights Reserved.
フッターここまでページの先頭へ