このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
香取市
  • 暮らし 手続き
  • 子育て 教育
  • 健康 福祉
  • 文化 スポーツ
  • 農業 産業
  • 市政
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • サイトマップ
サイトメニューここまで

本文ここから

平成20年度 企画・財政

更新日:2016年2月1日

6.企画・財政(まちづくり、市財政、市税、公共交通など)

No.01 入札談合に関する情報への対応について(平成20年4月)

内容

 読売新聞に設計業務に関しての入札中止記事が掲載されていました。
 記事だけでは詳細はわかりませんが、制度について色々と考える時期であると思われます。官製談合等の構図は、公共事業があり指名業者がある限り、事件は皆無にはならないような気がします。しかし、市の事業が指名業者制度によってコスト削減や地元業者のためになればよいのですが、どうも裏で暗躍する人もいるのでは・・・と思わずにはいられません。
 今回の問題について、市はどのような対応をしていくのか、市民として知りたいと思います。
(男性/60代)

回答

 入札談合に関する情報が寄せられた場合には、「香取市談合情報対応マニュアル」に基づき対応することとしています。
 今回の入札談合に関する情報につきましても、このマニュアルに基づき対応しているところですが、情報について調査が必要となることから、一旦入札を延期いたしました。
 この結果、不正の事実が確認された場合は入札の執行を中止し、然る措置を講じることとなりますが、不正の事実が確認されない場合には、談合等の行為は行っていない旨の誓約書を提出させ入札を執行することとなります。
 入札談合に関する情報に対しては、以上のような対応をしておりますが、今後とも透明性の確保のため入札過程や結果の公表、ペナルティーによる不正行為の防止等、入札の公正性の向上に努めてまいります。
(担当課:財政課)

No.02 入札談合に関する情報への対応について(平成20年5月)

内容  4月に入札中止に関する手紙を出し、その回答を読みましたが、できれば新聞記事の具体的な内容等、また、今後の入札制度をどうするのか、という事を回答して欲しかったと思います。
 情報は出せる範囲で出し、出せないならその理由をはっきり示してもらいたい。市民に開示しないと「公共工事には何かある」という不信はなくならないと思います。今回の件について調査は完了しているのでしょうか。完了して出せるものであれば開示していただきたい。
(男性/60代)
回答

 本件につきましては、新聞報道のとおり、香取市に入札談合に関する情報が寄せられ、この情報についての信憑性、事実確認等についての、段階的な調査検討の結果、「談合の事実が確認されない」と判断したことから、延期をしていた入札を、平成20年5月16日に執行し、株式会社千都建築設計事務所が、予定価格31,290,000円に対し24,366,300円で落札をいたしました。
 香取市に入札談合に関する情報が寄せられてから、入札執行日当日までの間、指名業者への事情聴取、入札金額の基礎となる積算明細書の確認(チェック)等を行い、香取市の内部組織であり、入札談合に関する情報に対応をする「公正入札調査委員会」において審議の結果、入札執行、落札決定と判断をいたしました。
 香取市としての本案件に対する調査はこれで終了となりますが、今後は、公正取引委員会へ資料を提供し、今後の調査が必要か否かを、公正取引委員会が判断をすることとなりますので、契約締結後であっても、談合の事実が明らかとなった場合には、契約を解除し、厳正に対処することとなります。
 談合防止に向けた入札・契約制度の適正化の推進につきましては、談合等不正行為があった場合の「違約金特約条項」の制定、「指名停止措置」の強化等、ペナルティーの強化に取り組んでまいりました。
 また、入札制度による不正行為防止の観点からも、「一般競争入札」の対象範囲の拡大、価格と価格以外の要素を総合的に評価し最も評価の高い者を落札者として決定する「総合評価方式」の導入を検討していることころであります。
 入札方式につきましても、現在の香取市の入札は、紙による入札方式でありますが、インターネットを介して入札手続きを行う作業を進めているところであります。
 入札方式を「電子入札」にすることにより、競争性、透明性の向上が図られ、入札談合防止の観点からも、本年度、一部案件について「電子入札」を実施する予定でありますが、市内業者への影響等も考慮し、慎重に進めているところであります。
(担当課:財政課)

No.03 バスの運行について(平成20年5月)

内容

 市民とは名ばかり、栗源は全くの過疎の地となってしまいました。
 家に車はあっても若い人達は勤めに出ているので、老人は閉じ込められた姥捨て山にいるような存在となってしまいました。
 せめて病院や公民館、郵便局の用足しぐらい、自分の意志で出来るよう、乗用車程度の小型車でも結構ですので、午前と午後の2便位は運行して頂けないでしょうか。栗源と佐原を結ぶ路線をお願いいたします。
(女性)

回答

 バスの運行につきましては、現在、栗源循環バスと栗源線(佐原~多古)の2路線がご自宅付近を運行しています。バスの停留所としては、栗源循環バスの停留所が『助沢』、栗源線の停留所が『助沢入口』となります。
 栗源循環バスは、栗源地区内の、高萩ルート(3便)、沢ルート(3便)、西田部・苅毛ルート(2便)の3ルートをワゴン車で平日運行(土日・祝日運休)しています。
 JRバス関東(株)が運行する栗源線は、香取市と多古町を結ぶ路線として、多古町『多古』停留所を起点に、県道佐原八日市場線沿いに栗源を経由し、『佐原駅』を終点として、1日4往復で運行している路線です。
 別紙のとおり運行時刻表を記載しておりますので、内容をご確認のうえご利用くださいますようお願いします。
 また、既にご存知のことかも知れませんが、現在高齢者福祉サービスの1つとして、76歳以上の方が医療機関へ通院するためタクシーを利用する場合に、その料金の一部を助成する「高齢者通院タクシー事業」を実施しております。
 助成内容としましては、タクシーの利用1回につき、タクシー利用券2枚(500円×2枚=1,000円)、1人に対して月数×2枚(年間12ヶ月で24枚)を助成しています。
 なお、「高齢者通院タクシー事業」を利用される場合は、予め申請等が必要になります。詳細については、栗源区健康福祉課(電話75-3000)までお問い合わせください。
(担当課:企画政策課、介護福祉課)

No.04 循環バスの運行時刻について(平成20年6月)

内容

 北佐原・新島ルートを利用していますが、佐原駅停留所の11時55分発の時間を、もう少し遅らせて頂きたいと思います。
 乗っている人の話を聞くと、医者へ行ってもこの時間だと間に合わない人が多いそうです。人が乗らなければ意味がないと思います。
(女性/60代)

回答

 北佐原・新島ルートは、1台のバスで運行しているため、運行距離や運行ダイヤなどは制約された運行となります。
 このような中、循環バスは、通院や買い物などの目的で多くの方に利用されており、皆様の意向に沿った運行に努めているところです。
 ご提案のありました、第3便『佐原駅停留所』の運行時刻につきましては、現在の11:55発を遅くすることは運行上可能ではあります。しかし、運行ダイヤを変更する場合は、利用者等の影響や意向に十分配慮する必要があります。
 従いまして、この度の○○様のご意見を含め、継続的に市民の皆様方の幅広いご意見や利用状況等を考慮しながら、利便性の向上に努めてまいりますので、ご理解、ご協力くださいますようお願い申し上げます。
(担当課:企画政策課)

No.05 小見川区事務所玄関の補修について(平成20年6月)

内容

 小見川区事務所の玄関、エントランスの骨(鉄部分)の腐食がひどく、塗装も必要だと思います。せっかく大金をかけて建てたのに無駄になってしまいます。
(男性/50代)

回答

 ご指摘いただきました玄関屋根の腐食部分につきましては、極力職員等で補修を行っていきたいと思います。
 今後とも経費節減を念頭に置きながら、市民の皆様にご心配をおかけすることのないよう、適正な庁舎管理に努めてまいります。
(担当課:財政課)

No.06 市税、介護保険料の負担について(平成20年8月)

内容

 今年で72歳になりますが、税金を払う為に年金をもらっている様な気がします。こんなに税金が上がったら好きな旅行にも行けません。孫に小遣いも渡せる状態ではありません。
 また、妻は介護保険を払っていましたが、一回も利用せずに亡くなりました。私もまだ介護保険は利用したことがありません。
(男性/70代)

回答

1.市税について
 市では、すべての市民の皆さまが豊かで健康な暮らしができるよう、日常生活に直接結びついた幅広い行政サービスを行っており、そのために必要な経費については、できるだけ多くの市民の皆さまに、市税等として公平にご負担いただいております。
 今回、市税に関するお手紙をいただきましたが、確かにここ数年の税制改正等により、○○様の場合には、特に市県民税や国民健康保険税についての税負担が増えております。
 まず、市県民税が増額となった理由としましては、平成17年度地方税改正により、65歳以上の方で合計所得が125万円以下の方に適用されていた非課税措置が廃止になり、平成18年度より課税されることになったためです。また、その急激な税負担を軽減する経過措置として、平成18年度には税額の2/3、平成19年度には税額の1/3が軽減されていましたが、平成20年度には、この経過措置もなくなりました。
 なお、市県民税の税率については、地方税法という全国の市区町村に共通の法律により定められている標準税率により計算していますので、他市と同程度のご負担になっております。
 次に、国民健康保険税が増額となった理由としましては、平成20年4月から長寿医療制度(後期高齢者医療制度)が始まり、この制度にかかる費用の一部を現役世代(0~74歳)が負担することとなり、それにより、国民健康保険税に新たに後期高齢者支援分を加え、加入者の皆まさにご負担いただくことになったのが大きな要因であります。
 以上のことをご理解いただき、今後とも市税についてご理解・ご協力をいただきますようお願いいたします。なお、課税の内容にご不明な点等がございましたら、税務課(TEL50-1242)までご連絡くださるようお願いいたします。
2.介護保険料について
 介護保険制度は、高齢者が自立した生活が送れ、住み慣れた地域で安心して暮らせるように、介護を社会全体で支えあう仕組みとして、平成12年度にスタートいたしました。介護が必要な状態になった場合には、その程度に応じて、原則として費用の1割の自己負担で必要なサービスを選んで利用することができます。
 介護保険は、40歳以上の方が納める保険料、そして国・県・市の各負担金、利用者負担を財源に運営されております。被保険者は、年齢によって第1号被保険者(65歳以上の方)と第2号被保険者(40歳から64歳までの方)とに区分され、介護サービスを利用できる条件や、介護保険料の算定方法、納め方などが異なっています。
 ○○様の場合は、第1号被保険者に該当いたしますが、その保険料は、賦課期日現在(4月1日現在)の被保険者と同居の世帯員の市民税の課税状況等によって決められ、香取市の場合6段階に区分されています。
 お手紙には介護保険料のご負担について書かれてございますが、この介護保険料についても、市県民税の所でご説明した、平成17年度地方税改正(65歳以上の非課税措置廃止)が大きく影響しています。
 ○○様の場合には、平成17年度までは"本人及び世帯全員が住民税非課税"ということで、第3段階の保険料でしたが、平成18年度からは、"本人が住民税課税で合計所得金額が200万円以下"ということで第5段階の保険料が適用されることになりました。ただし、急激に保険料が上昇する方に対しては、段階的に保険料の一部を減額する緩和措置が行われています。
 介護保険料の算定内容について内訳書を同封いたしますので、ご不明な点等がございましたら、介護福祉課(TEL50-1208)までご連絡くださるようお願いいたします。なお、香取市の介護保険料基準額につきましては、千葉県平均より低く、県内56市町村中、下から3番目となっております。
 今後とも、介護保険サービスの効率化・適正化を図り、制度の円滑な運営に努めてまいりますので、ご理解ご協力をいただきますようお願いいたします。
(担当課:税務課、介護福祉課)

このページの作成担当

総務企画部 秘書広報課 広報広聴班
〒287-8501 千葉県香取市佐原ロ2127番地 (市役所4階)
電話:0478-50-1204 ファクス:0478-54-7140

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

香取市役所

市役所・支所のご案内

〒287-8501 千葉県香取市佐原ロ2127番地 電話:0478-54-1111(代表)
開庁時間:月曜~金曜 午前8時30分~午後5時15分(祝日・年末年始を除く)
Copyright (C) Katori City. All Rights Reserved.
フッターここまでページの先頭へ