このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
香取市
  • 暮らし 手続き
  • 子育て 教育
  • 健康 福祉
  • 文化 スポーツ
  • 農業 産業
  • 市政
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • サイトマップ
サイトメニューここまで

本文ここから

平成18年度 健康・福祉

更新日:2016年2月1日

2.健康・福祉(医療、福祉、育児支援、国保・年金など)

No.01 障害者の雇用について(平成18年9月)

内容

 私は精神障害者で2級の手帳を持っていますが、ハローワークへ通っていても精神障害者の募集はほとんどありません。
 心の病気は障害が目に見えないため理解され難く、身体障害の方が雇用者側で受け入れやすいからだと思います。どうか市でも精神障害者の雇用の枠を用意してください。
(男性/20代)

回答

 身体障害者の方の就労支援については、さまざまな取り組みがなされているところですが、精神障害者の方の就労関係の取り組みは、未だ不十分であると理解をしております。
 市としても、障害者の方の就労については、地域社会の理解、特に事業者の深い理解、障害者の方が就労できる環境づくりが必要と考えております。
 しかし、現在のところ香取市においては、障害者雇用の法定雇用率を満たしており、今後の採用については未定となっております。今後募集を行う場合には、市広報やホームページなどでお知らせいたします。
(担当課:障害福祉課、職員課)

No.02 介護予防について(平成18年10月)

内容

 介護ゼロを目指した市民の健康づくりをお願いしたい。
(男性/70代)

回答

 介護の観点からは、生活機能が低下し介護が必要となるおそれがある高齢者の基本健診、主治医・民生委員などの関係機関からの連絡、保健師などの訪問活動などで特定高齢者を把握し、要介護者とならないよう介護予防事業を実施していきます。
 地域包括支援センターにおいては、保健師などが対象者の状態を把握し課題を分析した上で介護予防ケアプランを作成し、サービスや支援を提供しております。
 介護予防事業として運動器の機能向上、健康維持のための栄養改善、口腔機能の向上、閉じこもり、認知症、うつ予防・支援があり要介護におちいらないよう各事業を実施していきます。
 スポーツの観点からは、「市民の皆さんが、元気・活気を実感できるまちづくり」のため、スポーツの占める位置は大変重要であり、高齢者の皆様方に対するスポーツ機会の提供やスポーツサークルの育成が大変重要であると認識しています。
 現在、市民ハイキングや新春歩け歩け大会には、多くの高齢者の皆様に参加いただいていますが、今後は日常的にウォーキングが楽しめるコースの紹介やスポーツサークルの紹介等情報提供を進めます。
 また、現在活動中のグラウンドゴルフや社交ダンス等高齢者の皆様が数多く参加しているスポーツサークルの育成や新規サークル支援に努め、高齢者の皆様がスポーツを親しめる環境整備を進めます。
 さらに、現在策定を進めている市総合計画やスポーツ振興計画の中でも、高齢者の健康づくりを重点目標のひとつとしていきます。
(担当課:介護保険課、スポーツ振興課)

No.03 放課後児童クラブについて(平成19年1月)

内容

 私の子供は○○小学校の児童クラブを利用しております。大変有り難い制度で助かっていましたが、今年の4月から4年生になるため、児童クラブに受け入れられないかもしれないという話を係りの方から伺いました。
 私の家庭は母子家庭で毎日の帰宅時間が遅くなるため、出来ましたら、このまま児童クラブに受け入れていただきたいと思います。個人的なお願いになりますが、ご検討よろしくお願いします。
(女性/30代)

回答

 お手紙を拝見しましたところ、○○児童クラブへの入所について、大変ご心配なされていたようですが、担当課である児童家庭課に確認したところ、問題なく入所できるとのことなので、ご安心いただきたいと思います。
 また、担当課からの報告では、○○様から1月23日付で申請書が提出され、それを受けて児童家庭課で協議をし、1月24日の午後には、お電話にて入所できる旨、ご連絡を差し上げたところだと聞きました。
 したがいまして、この回答内容については、既にご存知のことだと思いますが、改めてご回答いたします。
(担当課:児童家庭課)

No.04 介護保険料の還付手続きについて(平成19年2月)

内容

 貴所より保険料の還付金の案内をいただきましたが、私は足も不自由で介護の世話になっている身です。保険料を納める時に、今回のチェックは出来なかったのでしょうか。
 この件については、息子が受け取りにいきましたが、私がこの様な身である事は当然存じ上げているはずです。印鑑持参で取りに来いとは何たる処理の仕方か。同様の方も大勢いると思いますが、回答と改善を望みます。
(男性/70代)

回答

 このたびの介護保険料の還付手続きに伴い失礼がありましたことを深くお詫びいたします。
 まず、保険料を納めるときにチェックができないかとのご指摘でございますが、現在、介護保険料など市が行う公金の収納につきましては、指定金融機関等(金融機関)の窓口及び各自治区事務所の指定金融機関窓口で納めていただいた後、市の担当部署において収納の確認記録を行い納付済となりますので、収納窓口等で収納状況を即時確認することはできません。このため、重複納付に対する収納窓口でのチェックは困難な状況となっております。
 また、還付の方法についてのご指摘でございますが、現在、還付につきましては、被保険者の方に「1.銀行口座への振込み」と「2.市役所及び各自治区会計窓口における現金支払い」のどちらかの方法でお願いをしております。なお、「2.市役所及び各自治区会計窓口における現金払い」につきましては、現金の授受となるため領収印が必要となりますので、印鑑をお持ち下さるようお願いをしております。
 最後に、今後の改善点でございますが、還付する口座について、現在は郵便局口座への取り扱いができませんが、今後、郵便局口座への還付取り扱いができるよう改善してまいります。(※)
 今後とも香取市の介護保険事業に対しまして、ご理解とご協力をいただきますようお願い申し上げます。
(担当課:介護保険課)

※保険料の還付について、平成19年度より郵便局口座の取り扱いができるようになりました。

No.05 福祉関係団体への支援等について(平成19年2月)

内容

 合併後、身体障害者福祉会に対し、佐原区の前例により自立するように、と言葉は理想的なのですが、千葉市で開催の福祉大会などに市職員の同行がなくなりました。栗源や山田では自力で参加できますが、小見川ではその様なことがきっかけで解散になりました。
 また、社会福祉協議会について、市からの職員3名を引き上げるなど、福祉の世界に効率を求めるのは無理を感じます。
(男性/50代)

回答

1.身体障害者福祉会の自立等について
 福祉関係団体のあり方につきましては、自主・自立が基本と考えております。貴身障者福祉会につきましてもご理解いただきますようお願い申し上げます。
2.福祉関係行事参加時の市職員の支援について
 身体障害者福祉会が参加される行事に対する支援につきましては、現在でも担当職員が団体の皆様とご相談しながら対応をさせていただいているところです。
 今後も引き続き、身体障害者福祉会の皆様とご相談をしながら必要な支援をしてまいりたいと考えておりますのでご理解をお願いいたします。
(担当課:障害福祉課、生活福祉課)

No.06 障害者控除対象者認定書について(平成19年2月)

内容

 家族が介護認定を受けています。障害者手帳を受けていなくても、「障害者控除対象者認定書」を各自治体で発行してもらえば、税の控除を受けられるという話を聞いて、認定書の発行のお願いに市役所へ行きましたが、香取市では発行していないと言われました。
 香取市在住者にとって不利な取り扱いになるので、ぜひ認定書を発行してもらえるようお願いします。
(女性/40代)

回答

 現在、香取市では障害者控除対象者認定書の発行をしておりません。
 千葉県下で発行している市町村では、対象者が知的障害者・身体障害者に準ずる者及び寝たきり老人を対象にしている市町村、寝たきり老人のみを対象にしている市町村、介護保険による要介護認定者を対象にしている市町村など、まちまちの状況になっております。
 この件につきましては、近隣市町村の認定基準等を考慮のうえ、また障害者控除は税の控除でありますので、税務署管内での調整を図りながら、認定書の発行について検討していきたいと考えておりますので、ご理解をいただきたいと存じます。
(担当課:生活福祉課、介護保険課)

No.07 学童保育について(平成19年2月)

内容

 学校もしくは近くの保育園で学童を確立してほしい。
 今年の4月に子供が小学校に入学しますが、家族全員が仕事をしているため、どうしようかと悩んでいます。栗源区では、近くの保育園で学童を行っていると聞きました。幸い香取小学校の隣には香取保育所があるので、何とか検討していただけないかと思います。
 ちなみに、現在通っている方でも学童がないために自宅から遠くの実家に子供を預けにいかなければならない方もいます。何人以上希望があれば可能なのでしょうか。
(女性)

回答

 香取保育所内に学童保育をとのご要望でありますが、香取保育所内で学童保育が可能な時間は、保育所の入所児童の迎えが終了する4時半過ぎからであります。1年生の授業が終了する午後1時過ぎから、あるいは夏休みや学校の臨時休業日等は香取保育所内での学童保育は保育室に余裕が無いため困難かと思われます。
 しかし、○○様の場合、今年4月からの小学校入学を控え、すぐに学童保育所を探さなければならないということですから、NPO法人であります『○○○○○』をご案内させていただきます。
 確認したところ、『○○○○○』には香取小学校からも入所している児童がおりまして、小学校まで車で迎えに行き、午後7時まで開所していると伺っております。また、入所児童については、佐原、北佐原、湖東、福田、東大戸、竟成、香取小学校と学区を越えて大勢入所していますので、ご検討いただきたいと思います。
 現在、市営の放課後児童クラブでは、午後6時までの開所時間となっているため、柔軟に対応のできる民間の学童保育所を利用していただいている状況もございます。このため、市では民間事業者等が運営する学童保育所に対して、保育料の格差を是正するための支援をして、利用者負担の均衡化を図っております。
 市では、少しでも子育て世代の皆様のご要望が実現できるよう、努力をしてまいりますので、今後ともご意見等ありましたらお聞かせください。
(担当課:児童家庭課)

このページの作成担当

総務企画部 秘書広報課 広報広聴班
〒287-8501 千葉県香取市佐原ロ2127番地 (市役所4階)
電話:0478-50-1204 ファクス:0478-54-7140

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

香取市役所

市役所・支所のご案内

〒287-8501 千葉県香取市佐原ロ2127番地 電話:0478-54-1111(代表)
開庁時間:月曜~金曜 午前8時30分~午後5時15分(祝日・年末年始を除く)
Copyright (C) Katori City. All Rights Reserved.
フッターここまでページの先頭へ