このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
香取市
  • 暮らし 手続き
  • 子育て 教育
  • 健康 福祉
  • 文化 スポーツ
  • 農業 産業
  • 市政
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • サイトマップ
サイトメニューここまで

本文ここから

マイナンバーの利用が開始されます!

更新日:2016年1月25日

市役所窓口で

 市役所窓口でのマイナンバーの利用の開始は、平成28年1月からとなっています。具体的には、国民健康保険、後期高齢者医療、介護保険、生活保護、児童手当、その他福祉の給付、市営住宅、税などの各種行政手続きにおいて、通知されたマイナンバーを各種申請書などに記載することになります。
 また、窓口でマイナンバーを記入する際には、なりすまし防止のためにマイナンバーの確認と身元の確認を行いますので、通知カードと運転免許証などの身分証、もしくは個人番号カードの提示が必要になります。

番号利用時の本人確認方法の説明図
番号利用時の本人確認

市役所窓口でマイナンバーの提供が求められる主な事務は次のとおりです。

子育て

  • 児童手当に関する事務  
  • 子ども医療に関する事務
  • ひとり親家庭への医療費助成に関する事務 など

医療・福祉関連

  • 国民健康保険に関する事務 
  • 後期高齢者医療に関する事務
  • 介護保険の認定、給付に関する事務 
  • 重度心身障害者医療に関する事務
  • 生活保護に関する事務 
  • 母子手帳の交付事務 
  • 市営住宅に関する事務 など

地方税

  • 納税管理人の申請や変更申請手続き 
  • 相続による納税義務の承継の届出手続き 
  • 減免申請書の提出手続き 
  • 市県民税の特別徴収の納期の特例に係る申請手続き
  • 地方税の賦課に関する事務 など

 この他にも、マイナンバーを求められる事務・手続きがありますので、詳細については各担当課へお問い合わせください。

 個人番号の提供が求められる詳しい内容は下記の手続き一覧をご覧ください

雇用先で

 マイナンバーの利用開始にともない、事業者が社会保障や税の書類、源泉徴収などの書類を作成する際には、従業員等(パート・アルバイトも含みます)のマイナンバーが必要になります。そのため、勤務先へ従業員本人及び扶養親族等のマイナンバーを伝えることになります。また、平成28年1月以降は、就職・退職時にもマイナンバーの提供を求められます。

事業者が従業員のマイナンバーを必要とする事務

  • 源泉徴収に関する事務
  • 雇用保険に関する事務 
  • 健康保険、厚生年金保険に関する事務 
  • 国民年金第3号被保険者に関する事務
  • 介護保険第2号被保険者に関する事務

自営業者・個人事業主など

 所得税の確定申告の際にマイナンバーの記載が求められます。ただし、実際に申告書への記載が必要になるのは、平成29年2月から3月に実施する平成28年分の申告からになるため、平成28年2月から実施される確定申告の際にはマイナンバーの記載は必要ありません。
また、社会保険労務士や弁護士への報酬、原稿料や講演料などの報酬を受け取る際には、支払調書の作成のため取引先からマイナンバーを求められる場合があります。

社会保障・税番号制度の詳細については外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。内閣官房ホームページ(外部サイト)をご覧ください。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページの作成担当

総務企画部 総務課 情報管理班
〒287-8501 千葉県香取市佐原ロ2127番地 (市役所5階)
電話:0478-50-1202 ファクス:0478-52-4566

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

香取市役所

市役所・支所のご案内

〒287-8501 千葉県香取市佐原ロ2127番地 電話:0478-54-1111(代表)
開庁時間:月曜~金曜 午前8時30分~午後5時15分(祝日・年末年始を除く)
Copyright (C) Katori City. All Rights Reserved.
フッターここまでページの先頭へ