このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
香取市
  • 暮らし 手続き
  • 子育て 教育
  • 健康 福祉
  • 文化 スポーツ
  • 農業 産業
  • 市政
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • サイトマップ
サイトメニューここまで

本文ここから

一部損壊の被災住家に対する支援の申請窓口を設置します

更新日:2019年11月25日

令和元年台風15号・19号及び10月25日の大雨で住まいが被災し、一部損壊り災証明書が発行されている世帯が対象です

  • 住家とは居住するため使用する建物であり、居住の実態があるものが対象です。店舗、事務所、作業場、倉庫などは含まれません。
  • 工事は屋根、居室など日常生活に必要欠くことのできず、緊急に修理が必要な個所が対象です。
  • 台風15号から一連の災害により壊れた箇所のみが対象です。
  • 法人は対象外です。
  • 住家を自ら修理するための資力(資金)が不足する世帯が対象です。
  • 1世帯に、1回に限り支給するものです。

窓口について

窓口開設日

令和元年11月20日水曜日より(終了日未定)
原則平日のみの開設ですが、11月23日土曜日、24日日曜日及び11月30日土曜日、12月1日日曜日は開設します。その後の土日祝日について開設する場合、その他の変更が生じた場合は随時このページで告知します。

時間

午前9時から12時、午後1時から4時まで

場所

香取市役所1階

損害の割合により以下のA,Bのうちいずれかが適用されます。

A:雨漏り等で1室以上が使用不能の場合、応急修理の対象となります。

対象工事

日常生活に最低限必要な部分の工事
注釈:これから施工するものに限ります。

支援額

対象工事費が150万円以下の場合、最大30万円(市から業者に支払い)
対象工事費が150万円を超える場合、超えた額の20%(最大20万円)を上乗せ(市が申請者に補助)

B:使用不能な部屋が無い場合、住宅修繕緊急支援事業の対象となります。

対象工事

日常生活に最低限必要な部分の工事
注釈:対象工事費20万円以上のものに限ります。
注釈:既に施工済みでも可

支援額

対象工事費の20%(最大50万円)

申請時に窓口にお持ちいただくもの

1.り災証明書

コピーでも可

2.被害のわかる写真(カラー写真)

建物の全景被害箇所(屋根、外壁で浸水の原因になっている箇所、その他の被害箇所をなるべく内部、外部から撮影)について撮影してください。
また、雨漏り等により使用不能な部屋がある場合は、該当する部屋の全景および浸水箇所について撮影してください。
写真は、プリント(紙に印刷でも可)した状態でお待ちください。原則として返却しませんので、予めご了承ください。

3.工事の見積書

下記の項目1から8についてそれぞれの金額がわかるように工事業者に作成してもらってください。なお、見積書に記載しても全てが補助金の対象になるわけではありません。

  1. 屋根工事:瓦、鋼板葺き等
  2. 仮設工事:屋根工事や外壁工事のための足場等
  3. 外壁等工事:外装材、筋交い、柱、小屋組み、土台、基礎等の補修
  4. 建具工事:アルミサッシ、木製建具等の補修
  5. 天井工事:天井ボード、天井板等の補修
  6. 内壁工事:内壁、下り壁等の補修
  7. 床工事:大引き、根太等の補修
  8. その他工事:風呂、トイレ設備等の補修

受理できない見積書の例

項目に、住宅補修工事 一式 〇〇円しか記載がなく、工事の具体的内容が不明のもの。
この場合は見積書を上記1から8に分類できる程度に詳しく書き直してもらってください。

補助対象外となるものの例

項目 具体例
共通

災害が原因ではない破損個所の修理
内装に関するものは原則として対象外

建具 室内のドア、ふすま、網戸
床工事 フローリング、畳のみ交換
家具 家具全般(造付け家具を含む)
家電 エアコン、照明器具、テレビアンテナ
附属物

ソーラーパネル、太陽熱温水器、はね出しのバルコニー、
ベランダ、サンルーム、テラス、カーポート

4.口座振替申出書

市から補助金を振込む口座を添付の用紙に記載してお待ちください。申請者(世帯主)ご本人名義の口座である必要があります。

5.印鑑

各種申請書に押印いただく必要がありますのでおまちください。シャチハタは不可です。

完了時に窓口にお持ちいただくもの

すでに工事が完了している方は下記のうち、あるものを申請時にお持ちください。

1.実績報告書

申請時に窓口でお渡しします。内容を確認し押印の上、提出してください。

2.工事契約書(請書でも可)の写し

工事業者との契約書又は請書(申請時にひな形をお渡しします。)の写し。発注者(申請者)及び受注者(工事業者)の押印が必要です。

3.領収書の写し

工事業者の発行する領収書の写し。原則として見積書の金額と同額である必要があります。複数枚となっていても構いません。

4.工事完了後の状況がわかる写真 (カラー写真)

以下の箇所について撮影し、プリント(紙に印刷でも可)した状態でお持ちください。原則として返却しませんので、予めご了承ください。

施工中の写真

施工後に隠れてしまう部分など、可能な限り撮影してください。工事業者に依頼するなどしてください。

施工後の写真

工事箇所ごとに、工事が完了したことがわかるように撮影してください。

5.印鑑

申請時に使用したものと同一の印鑑である必要があります。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページの作成担当

建設水道部 都市整備課 建築・営繕班
〒287-8501 千葉県香取市佐原ロ2127番地 (市役所3階)
電話:0478-50-1214 ファクス:0478-54-7654

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

住まい・土地

安心安全情報

観光サイト 香取を旅する

香取の魅力

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

香取市役所

市役所・支所のご案内

〒287-8501 千葉県香取市佐原ロ2127番地 電話:0478-54-1111(代表)
開庁時間:月曜~金曜 午前8時30分~午後5時15分(祝日・年末年始を除く)
Copyright (C) Katori City. All Rights Reserved.
フッターここまでページの先頭へ