このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
香取市
  • 暮らし 手続き
  • 子育て 教育
  • 健康 福祉
  • 文化 スポーツ
  • 農業 産業
  • 市政
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • サイトマップ
サイトメニューここまで

本文ここから

平成30年度 保育所(園)・認定こども園の入所について

更新日:2017年10月31日

子ども・子育て支援新制度

子どもが笑顔で成長し、すべての家庭が安心して子育てできるように、少子化や待機児童問題などといった、子ども・子育てをめぐるさまざまな問題を解決するための「子ども・子育て支援新制度」が平成27年4月から全国でスタートしました。

新制度の開始により、入所の申込みと同時に、教育・保育の必要性に応じた支給認定(注釈1)の申請が必要になります。
新たに公立保育所、公立幼稚園、公立認定こども園、私立保育園及び私立認定こども園を利用する場合は、支給認定申請書兼保育所等利用申込書を提出していただきます。

注釈1:支給認定とは…保育を必要とする事由、保育の必要量等を国が定める基準により、市が客観的に審査し、3つの区分(下記参照)のいずれかに認定するものです。

支給認定の区分

対象となる子ども
利用先
認定区分

満3歳以上で、主に教育を希望する場合

幼稚園
認定こども園(教育部分)
1号認定

満3歳以上で、保護者の就労や疾病などにより、保育を必要とする場合(注釈2)

保育所(園)
認定こども園(保育部分)
2号認定

満3歳未満で、保護者の就労や疾病などにより、保育を必要とする場合(注釈2)

保育所(園)
認定こども園(保育部分)
3号認定

注釈2:保育を必要とする事由(下記参照)

保育を必要とする事由(保護者が次のいずれかの事由に該当することが必要です。)

保育を必要とする事由
内容

(1)居宅外労働


・家庭外で仕事をしている場合(農業・自営業(職場が自宅から離れている場合を含む。))
・1ヶ月あたり48時間以上の勤務が最低基準となります。但し、当分の間(平成31年度まで)は1ヶ月あたり40時間以上の勤務が最低基準となります。

(2)居宅内労働

・家庭内で日常の家事以外の仕事をしている場合(自営業・内職を含む。)
・1ヶ月あたり48時間以上の勤務が最低基準となります。但し、当分の間(平成31年度まで)は1ヶ月あたり40時間以上の勤務が最低基準となります。


(3)出産
(妊娠中又は出産前後)

・母親が妊娠中あるいは出産後間もない。
・出産予定日の8週前にあたる日が属する月の初日から、保護者の出産日から起算して8週間を経過する日の翌日が属する月の末日まで

(4)疾病・障害

・保護者の病気、負傷、入院、心身等の障害等により、その児童の保育ができない場合

(5)介護

・家庭で、長期にわたり看護または介護を必要とする傷病者等がおり、児童の保育ができない場合

(6)災害復旧

・震災、風水害、火災その他の災害の復旧にあたっているため、児童の保育ができない場合

(7)求職活動

・保護者が求職のため日中外出しており、児童の保育ができない場合(90日を経過する日が属する月の末日まで)

(8)就学

・保護者が就職に必要な技能取得のために職業訓練校、専門学校、大学等に就学しており、児童の保育ができない場合

(9)虐待・DV

・児童虐待を行っている又は再び行われるおそれがあると認められる場合
・配偶者からの暴力により児童の保育を行うことが困難であると認められる場合

(10)育児休業

・育児休業をする場合であって、当該育児休業に係る児童以外の児童が既に保育所等を利用しており、継続して利用することが必要であると認められる場合

平成30年度認定こども園(教育部分)の入所手続き

平成30年4月から認定こども園(教育部分)の入園を希望する児童の入所受付を行います。
対象年齢、受付日程等を確認の上、申込書に必要事項を記入し、入園を希望するこども園に申し込んでください。

申込書配布開始日

平成29年11月2日(木曜日)

申込書配布場所

各こども園、子育て支援課、学校教育課、各支所市民福祉班、ダウンロード

認定こども園の入園定員と受付日程等

保育料について

保育料は、原則として児童の父母の市町村民税額の合計により階層判定を行い決定します。4月から8月までは平成29年度の市町村民税額、9月から翌年3月までは平成30年度の市町村民税額により決まります。
満3歳から小学校3年生までの範囲内にある子どもが2人以上いる家庭で、同時に保育所等を利用している場合における保育料の月額は、最年長の子どもから順に2人目は半額、3人目以降は無料になります。
但し、平成28年度より、市町村民税所得割課税額が77,101円未満の世帯については、きょうだい児の年齢に関わらず、最年長の子どもから順に数えて、第何子かを決定します。

【留意事項】
・平成29年1月2日以降に香取市に転入された方は、平成29年1月1日現在所在の住所地の市町村民税・県民税課税(非課税)証明書が必要となります。
・未申告等により市町村民税の確認ができない場合は、暫定的に最高階層の保育料で決定する場合があります。

ダウンロード

平成30年度保育所(園)・認定こども園(保育部分)の入所手続き

平成30年4月から公立保育所、公立認定こども園(保育部分)、私立保育園及び私立認定こども園(保育部分)(以下「保育所等」という。)の入所を希望する児童の入所受付および面接を行います。入所を希望する場合は、申し込みの手続きをしてください。

保育所等に入所できる児童

平成30年4月1日現在に香取市に住所があり、保護者が上記の保育を必要とする事由のいずれかに該当し、家庭での保育が困難な世帯の児童です。「幼稚園・小学校の準備のため」、「集団生活を体験させるため」などの理由だけでは、保育所等に入所することはできません。

申込みから保育所等利用までの流れ

  1. 申込み(各保育所等の受付日)
  2. 支給認定証の交付・利用調整(入所選考)(2月予定)
  3. 保育所等の決定(3月予定)
  4. 保育所等の利用(4月から)

申込書配布開始日

平成29年11月2日(木曜日)

申込書配布場所

市内各保育所(園)、子育て支援課、各支所市民福祉班、ダウンロード

申込み

保育時間、受付日程等を確認の上、申込書に必要事項を記入し、必要書類を添付して、事前連絡の上、第1希望の保育所等の受付日に児童と一緒にお越しください。
受付日に提出できない場合は、12月22日(金曜日)までに事前連絡の上、第1希望の保育所等へ提出してください。

入所児童の面接

保育所等において、簡単な面接があります。入所する児童を連れて、母子手帳・印鑑を持参し、保育所等で面接を行ってください。
※児童が持病や障害をもっている場合や食物アレルギーがある場合は、必ず申し出てください。

各保育所(園)の入所(園)定員と受付日程等

申込時に必要なもの

1.支給認定申請書兼保育所等利用申込書
(申請児童1人につき1枚必要)
2.保育を必要とすることを証明する書類等
(保育を必要とする事由により、添付書類等が変わります。)
3.保育利用連絡票(公立保育所・公立認定こども園(保育部分)を利用する場合のみ提出してください。)
4.母子手帳
5.印鑑(シャチハタは不可)

保育時間について

区分
保育時間
就労理由で入所する場合の勤務時間
保育標準時間
各施設が定める保育時間のうち最大11時間の利用
原則1ヶ月120時間以上
保育短時間
各施設が定める保育時間のうち最大8時間の利用
1ヶ月48時間以上120時間未満※但し、当分の間(平成31年度まで)は1ヶ月40時間以上120時間未満

※実際の保育時間は、保護者の仕事・通勤時間などを考慮して、保護者と所(園)長で相談の上、決定されます。

保育料について

保育料は、原則として児童の父母の市町村民税額の合計により階層判定を行い決定します。4月から8月までは平成29年度の市町村民税額、9月から翌年3月までは平成30年度の市町村民税額により決まります。
小学校就学前の子どもが2人以上いる家庭で、同時に保育所等を利用している場合における保育料の月額は、最年長の子どもから順に2人目は半額、3人目以降は無料になります。
但し、平成28年度より、市町村民税所得割課税額が57,000円未満の世帯については、きょうだい児の年齢に関わらず、最年長の子どもから順に数えて、第何子かを決定します。
【留意事項】
・平成29年1月2日以降に香取市に転入された方は、平成29年1月1日現在所在の住所地の市町村民税・県民税課税(非課税)証明書が必要となります。
・未申告等により市町村民税の確認ができない場合は、暫定的に最高階層の保育料で決定する場合があります。

保育年齢について

保育年齢
生年月日
就学前までの利用可能期間
5歳児

平成24年4月2日から平成25年4月1日

平成31年3月31日
4歳児

平成25年4月2日から平成26年4月1日

平成32年3月31日
3歳児

平成26年4月2日から平成27年4月1日

平成33年3月31日
2歳児

平成27年4月2日から平成28年4月1日

平成34年3月31日
1歳児

平成28年4月2日から平成29年4月1日

平成35年3月31日
0歳児

平成29年4月2日から

平成36年3月31日

利用調整について

入所希望者が保育所等の定員を超えた場合は、入所事由や優先度により、利用調整を実施します。第1希望に入所(園)できない場合は、第2・第3希望への入所となる場合があります。

香取市以外の保育所(園)・認定こども園(保育部分)の利用を希望する方

香取市在住で、市外の保育所等の利用を希望される方は、子育て支援課にご相談ください。
申込後、香取市と希望先の施設のある市町村が協議し、希望先の市町村が受け入れを承諾したときに入園できます。
なお、申込期間は市町村によって異なりますので、希望先の施設がある市町村の締切日等を事前に確認した上で、子育て支援課にご連絡ください。

ダウンロード

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページの作成担当

福祉健康部 子育て支援課 保育班
〒287-8501 千葉県香取市佐原ロ2127番地 (市役所1階)
電話:0478-50-1257 ファクス:0478-52-4566

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

香取市役所

市役所・支所のご案内

〒287-8501 千葉県香取市佐原ロ2127番地 電話:0478-54-1111(代表)
開庁時間:月曜~金曜 午前8時30分~午後5時15分(祝日・年末年始を除く)
Copyright (C) Katori City. All Rights Reserved.
フッターここまでページの先頭へ